reCAPTCHA v3をWordpressサイトに導入

イメージ
reCAPTCHA v3とは
reCAPTCHAは不正なアクセスをするbotプログラムなどからサイトを防御するために利用されている仕掛けです。
v2などでは、この機能を利用して、画像認識に役立てていました。

v3になって、人間の反応など不要で、AIを利用してサイトの悪用を防止するシステムに変わりました。
PCで閲覧した場合、右下に下のような画像が表示されるようになりました。


しかも、v2まではフォームやログイン画面などへのアクセスだけに設置して防いでいたのですが、全てのページに対して設置できるようです。

reCAPTCHA v3をWordpressのサイトに導入 今回、Wordpressのプラグインを利用して、reCAPTCHA v3をWordpressサイトに導入しました。
手順は超簡単 まず、下記のページからサイトを登録して、キーを取得します。 https://www.google.com/recaptcha/admin/create
適当にラベルを入力して、v3を選択。
ドメインを入力して、利用条件に同意した後に送信ボタンでキーは取得できます。

Wordpressのプラグインは https://ja.wordpress.org/plugins/advanced-nocaptcha-recaptcha/
これを利用しました。

導入して、v3を選んで、上で取得したキーを入力するだけです。

どこで検証するか?という部分に関しては
こんな感じでチェックを入れました。

他はデフォルトのままです。

簡単でした。

導入後は管理画面で状況閲覧が可能です。
問題点 tokenを発行して処理されているんですが、5分程度の時間しか無いようです。 ということは、入力に時間がかかる場合はtimeoutの危険が増します。
管理画面上で、有効時間を延ばす術は無い模様。

SSDの障害?Windows8.1の導入

今週月曜日の朝、会社に来てみると、ブルー・スクリーン画面が起動していた。

久しぶりに見たブルー・スクリーン画面。

何度か色々なパターンで再起動を試みるも起動しない。
一度は起動したセーフモードも、ディスクチェックしようとCドライブのプロパティを見ようとしただけで、再起動がかかってしまいお手上げ。
その後はセーフモードでも起動しないという状態。

あきらめて「Windows8.1」の導入を決意。

SSDも180GBのSSDを新規に調達。
Windows8.1も新規に調達。

マシンの蓋を開けて、SSDを換装。


クリーンインストールの決行。

インストールをしながら、Windows8.1のクリーンインストールは初めての経験だと気づく。お客様のところで、たくさん触ってきたけども、新規のクリーンインストールは今回が初めてだ。

真っ先にインストールしたのはGoogle Chrome。そして、Firefox。
ブラウザ2つをまずはインストール。

後は

  1. Dropbox
  2. Microsoft Office ←これはOffice365より
  3. VMware Workstation ←今回のを機に10へ
  4. 一太郎ビューア ←今回のを機に「さようなら一太郎」
  5. CubePDF ←今回のを機に初めて利用
  6. ATOK2014 ←ATOK Passport利用してます
  7. 秀丸
  8. FileZilla
  9. Skype デスクトップ ←アプリ版は使いづらい
  10. 会計王15 ←今回のを機にバージョンアップ(ソフトは購入済みだった)

今のところ、ここまで。

何とか、業務での使用も耐えうるレベルにまでなってきた。

コメント

このブログの人気の投稿

UTM(統合脅威管理)って邪魔で不要

AWSのS3をLinuxでマウントして、更にWindowsで利用

巡回頻度を上げるぞ