投稿

6月, 2015の投稿を表示しています

広角レンズの購入は良かった

イメージ
広角レンズの購入は良かった
 少し前に広角レンズを購入しました。
 撮影する際に広角レンズの必要性を感じていまして、6月に広角レンズを購入しました。

 今回、店舗撮影をする際に威力発揮。

 広角レンズならではの撮影がかなりできました。

 以前のレンズではかなり厳しかった画像を作り出すことができました。

店舗内の撮影に有効 広角レンズを利用した撮影において、一番威力を発揮したのは店舗内の撮影です。

 広い範囲を撮影できると言うことは、広く見せることができます。10mmの撮影をするとかなりの広範囲で撮影が可能です。

 広角レンズの特徴として、「手前のものはより大きく、遠くのものはより小さく写せる」という点があります。遠近感が強くなるわけです。
 この特徴が、店舗内の撮影において広く見せられる仕掛けになります。

屋外撮影に関しても 屋外撮影に関しても広角レンズを利用することで、いいあんばいでの写真が撮れた。


 と言うことで、北九州のソウルフード お好み焼き なにわ のホームページ制作を実施しました。

Google Photoの自動タグ付けが悲しすぎる件

イメージ
Google Photoの自動タグ付けを見て、愕然・・・まあ、自動だから仕方ないのかもしれないけど。
「食品」の検索結果です。
 スケールに乗せて体重を測ってるんで、まあ、仕方ない部分もあるけど寂しすぎる。

「イヌ」の検索結果です。
 これらの「イヌ」の写真は全て「ネコ」にも出てきます。

 どっちなん??


 一方で「空」は結構優秀!!
月を撮影した写真もあったり、それなりにいい感じです。

 パソコンのブラウザからGoogle Photoのページを見た時は、Google Photoの自動タグ付けの内容を修正できるような項目が見当たりません。
 出たばかりの影響でしょうか、ネットで検索してもそれらしき情報をまだ見つけられません。

 もう少し調査します。

 子猫ちゃんたちを「食品」からは外してあげたい・・・・

Googleフォトの設定をしてみました

イメージ
Googleフォトの設定をしてみました。
 Google様が「容量無制限」で高画質保存のGoogleフォトを発表したのに合わせて、設定をしました。

 設定をしない場合は、容量制限を受けますので、設定必須です。
 Googleフォトにアクセスしてから、設定で「高画質」ってのを選択する必要があります。
 それまでは、撮影サイズで確実に保存されていましたが、今度からはサイズによっては圧縮されることになります。

ちなみに、私はスマホで撮影した写真をOneDriveとこのGoogleフォトにバックアップしております。
 OneDriveの方にもたくさんの写真が保管されています。

 以前はDropboxにも保存していましたが、容量の問題でやめてしまいました。

 OneDriveは基本15GBの無料プランに加えて、「カメラロールボーナス」で15Gの容量がもらえます。あと、今は有効期限付きですが、Bingボーナスで100GBもあって、合計で130GBもの容量があります。
 今、使用料が10GBほど利用しています。

 まだまだ、こっちも大丈夫ですね。