投稿

1月, 2013の投稿を表示しています

広角レンズの購入は良かった

イメージ
広角レンズの購入は良かった
 少し前に広角レンズを購入しました。
 撮影する際に広角レンズの必要性を感じていまして、6月に広角レンズを購入しました。

 今回、店舗撮影をする際に威力発揮。

 広角レンズならではの撮影がかなりできました。

 以前のレンズではかなり厳しかった画像を作り出すことができました。

店舗内の撮影に有効 広角レンズを利用した撮影において、一番威力を発揮したのは店舗内の撮影です。

 広い範囲を撮影できると言うことは、広く見せることができます。10mmの撮影をするとかなりの広範囲で撮影が可能です。

 広角レンズの特徴として、「手前のものはより大きく、遠くのものはより小さく写せる」という点があります。遠近感が強くなるわけです。
 この特徴が、店舗内の撮影において広く見せられる仕掛けになります。

屋外撮影に関しても 屋外撮影に関しても広角レンズを利用することで、いいあんばいでの写真が撮れた。


 と言うことで、北九州のソウルフード お好み焼き なにわ のホームページ制作を実施しました。

花粉症対策

年も明けて、2月の足音が聞こえてきます。

もうすぐ花粉も飛び出してくる季節。
今年の九州地方の花粉飛散量は例年に比べてやや少なめとの情報。
そうは言っても福岡では前年並みとのこと。

私自身は、花粉症ではありませんが、周りは花粉症だらけ。
現代病なのでしょう。

弊社のお客様である「もり耳鼻咽喉科」で花粉症対策の情報が掲載されています。


医療ミスへの対応

完璧な人なんていないし、医者だってミスをする。
 ただ、ミスをしたのを隠蔽しようとすると、そこに、患者さんやそのご家族との不信感が生まれる。丁寧な説明や、ミスをミスと認めた上での誠意ある対応が大切。

 ただ、一度生まれた不信感を払拭するのは簡単ではない。
 そんな時は、セカンドオピニオンを他の医師に聞いたり、弁護士への相談など色々な方法があるのが現代社会。

医療ミス・医療過誤の相談を弁護士に気楽にお願いできる時代なのです。

 専門家の意見を取り入れて、調査してもらうことで納得できるのであれば、それはそれで良いことなのではないでしょうか?