X Pro(旧TweetDeck)が便利すぎる

「X Pro」が便利すぎてかなりオススメ

Blue契約必須なのが残念

TweetDeckが新インターフェースとなって登場したのが「X Pro」。(実際はちょっと違うけど・・・)
でもって、X Proになって、かなり使い勝手が向上した気がする。
ただ、今日から(?)利用するためには、有料契約が必須になってしまいました。
先週は使えていたのに・・・・

複数アカウント管理するならホントに便利


まずは私の場合、自分がメインに見るものをメイン垢関連として表示してます。
さらに左列に「デッキ」という設定がありますが、ここで私の場合は自分が管理しているアカウントの情報を整理して掲載しています。

オススメポイントは「委任アカウント」


設定=>「セキュリティとアカウントアクセス」から「アカウント権限の付与」の中にある「あなたがアカウント権限を付与したメンバー」というところから権限を委譲できます。
権限を委譲できるのはBlueのアカウントで無くても大丈夫です。

付与したいアカウントを検索してアカウントの権限を設定

まずは「他のユーザーがあなたをアカウントに招待できるようにするをオンにしてから、

「管」はきっと「管理者」😂
でもって、この「委任アカウント」は「コントリビュータ」でも十分です。

委任アカウントのタイムラインを簡単に見られます

委任アカウントの活用はパスワードを伝えずに、アカウントへの投稿を許可できます。
なので、管理する上で非常に便利。
これをX Proで利用する場合は、さらに簡単にタイムラインを見るなどできるようになります。
私の場合、デッキを区別して管理しているアカウントのタイムラインを見るようにしています。

X Proでない場合は・・・・

「委任アカウント」を切り換えながら利用は可能な模様。
ただ、切り換え作業はやっぱりメンドウですよね。

もちろん、委任アカウントでの投稿も可能

委任アカウントでの投稿も簡単にできます。投稿画面でアカウント部分の右に出てくる「・・・」を選ぶと、アカウントの選択が可能になりますので、簡単に投稿アカウントを変更できます。

X Proを利用して、よりよいXライフを!!

コメント

このブログの人気の投稿

突然、Gmailから独自ドメインのメールアドレスから送信ができなくなった

NASを利用したファイルサーバーからDropboxへの移行の手順

独自ドメインのメールアドレスで受信後Gmailへの転送がエラーになってしまう件