投稿

2月, 2019の投稿を表示しています

Dropbox API を利用してPHPでVPSサーバーのバックアップ手順

イメージ
VPSのバックアップをどこにとるか?
 VPSサーバーには提供者側からバックアップの仕掛けが用意されていません。そう考えると、バックアップをどこかに取得する必要があります。
 以前は、違うブランドのVPSサーバーを借りて、そことrsyncさせる方法をとっていました。

 ただ、この方法だと弊社のサーバー管理方法では、一括バックアップを取得しようとするとrootアカウントでやり取りすることになってしまい、気持ち悪さを感じていました。

 今回、このブログで初めてコード埋込を実施しました。下記URLを参考にコード埋込をできるようにしました。
https://qiita.com/piro_erdes/items/f133e170a8cf6c10b449

Dropbox API 活用  Dropbox APIを利用することでVPSサーバー内のプログラムを使って、Dropboxへ転送してます。
 弊社の場合、Dropbox Business Advancedを利用していますので、容量無制限でアップで利用できます。
 Dropboxを利用することで、世代管理も自動でやってくれます。  また、APIコール数も月間で100万まで大丈夫のようです。 CURLを活用  基本はCURLの機能で実現していますので、タイトルにPHPと入れていますが、基本的には特別なSDKなどは不要で、応用すれば他の言語でも可能だと思います。
Dropbox APIのAPP作成 手順1 まず、Dropbox APIを利用するためには https://www.dropbox.com/developers/ へアクセスして、右上にある「App console」ボタンを押します。 ログインしてない場合はログインを促されます。 手順2 Create app のボタンを押します。 すると、下記の様な画面が出てきます。 Businessアカウントなので、右にDropbox Business APIの選択肢も出てきますが、Business APIは「管理機能」での利用なので、今回は左側の普通のDropbox APIを選択します。 手順3 続いて、下記の選択をしますが、今回はバックアップというかuploadの機能だけですので、App folderだけで大丈夫と思います。 手順4 Name your appに名前を入れます。 なん…

求人情報をIndeedとGoogle検索に掲載

イメージ
求人情報をIndeedとGoogle検索に掲載 今回、求人を募集するに当たり、ひとまず無償で掲載できるIndeedとGoogle for Jobsに掲載してみました。
Indeed → http://bit.ly/2TLeh4f
Google for Jobs → https://g.co/kgs/wZg7nv

Google for Jobsへの掲載は、弊社の採用ページからの情報が掲載されています。

Google for Jobsに沿った形で、情報をソースコードに書き込み、それをGoogleが認識して掲載してくれています。

ちなみに、Indeedの方は600円/日でクリック課金にも申し込んでみましたが、どういう条件でクリックされやすくしているのかすらわからない状態で申し込んでいます。

ここは、もう少し、調べる必要があろうかと。
検索エンジンが求人情報を表示する時代 なんと言っても、従来は無償の求人広告としてはハローワークが事実上独占していた時代です。
それに対して、IndeedやGoogleが無償で求人を掲載してくれる時代になりました。

IndeedもGoogleも、通常の検索広告と同様にクリック型広告も掲載できます。

これからの求人情報 しかし、リクルートやマイナビなど、有料の求人媒体は今後どうなっていくんでしょうか?
今年中にそれなりに大きい会社が潰れてしまうんではないかと予想してます。

怖いのはGoogle そのうち、Googleはその人の興味や趣味、検索傾向、訪れているサイトの情報等を見ながら、検索もしていないのにマッチングされた求人情報が検索結果に表示されるようになるのではないか?と予想しています。
AIで利用者が興味を持ち、マッチアップしそうな求人情報を勝手に掲載し、転職希望ですらなかったような人が、急に転職に興味を持ちだしてしまい、転職活動を始めてしまうような時代を作ってしまいそうな気がします。

AIで導かれた求人情報で、仮に転職をして、本当に良い結果が出れば良いのでしょうが。

漏洩したパスワード情報をチェックしてくれるプラグイン

イメージ
漏洩したパスワード情報をチェックしてくれるプラグイン
Googleさんが素晴らしいツールを出してくれました。
その名も
Password Checkup
自分のパスワードがネット上に漏洩していないかをチェックして、安全でないパスワードが見つかれば変更を促してくれるそうです。
ダウンロードはこちらから。GoogleChromeの拡張機能として動きます。
https://chrome.google.com/webstore/detail/password-checkup/pncabnpcffmalkkjpajodfhijclecjno?hl=ja

Chromeに保存しているパスワードを自動チェック この拡張機能の素晴らしい点は、GoogleChromeに保存しているパスワードも自動でチェックしてくれます。
手間がかからず、普段の利用の中で自動でチェックが働きます。
Google純正だから安心感があります。

元々はGoogleアカウントで利用している際にも、この機能は裏で動いていたようです。

「メールアドレス+パスワード」の組み合わせで、外部データベースに対して問い合わせを行い、Hitしてしまうと「漏洩」が発覚する仕掛けです。

多くのサイトでパスワードを使い回しているのが多いと思いますので、非常に有用なツールですね。



PayPayキャンペーン第2弾

イメージ
PayPayの100億円キャンペーン第2弾
また、100億円まで還元。
期間は2019年2月12日から5月31日までの約3ヶ月。
前回のキャンペーンでは実際は115億円も還元していたらしい。
今回は大幅なルール変更 今回は大幅なルール変更が行われて、1回の支払いにつき最高1000円までしか還元されない。 さらに、キャンペーン期間中で最大5万円しか還元されない。 そして、上記画像にもあるとおり、還元率20%を受けられるのは銀行接続を実施して、PayPay残高に登録した場合のみ。 毎月最大5万円とか書いているサイトもあるけど、「キャンペーン期間中」の総額です。
平均で1万円のキャッシュバックを受けたとしても100万人。 どんな利用がいいのか? 少額決済でどんな利用がいいかを考えてみた。 「やたら当たるくじ」といって100%還元(但し最高額は1000円)するものが一回も当たらない場合でも25万円利用しないと、5万円にはならない。銀行接続して、残高支払いをする場合で、5000円利用につき1000円キャッシュバック。
50回5000円を利用するか?何に?まあ、しないですね。
とにかく銀行接続しましょう その上で、「飲食店」での利用が一番いいんでは?と思う次第。 飲食店はチェーン店に限らず、小さな街の飲食店でも利用できるところは増えています。
日常でドラッグストアによく行く人はドラッグストアもいいかと。
あと、福岡の場合は「MrMax」で使えます。
銀行接続をしないで、クレジットカード経由での支払いの場合、 「やたら当たるくじ」の当選確率0 です。還元率も10%。

ただ、問題があるんです。 私自身はこの「銀行接続」を実施しております。 しかし、しかし、この銀行接続を解除する方法が現在のPayPayには用意されていないんですよね。 ですので、スマホを落とした際、怖いんですよね・・・・