投稿

6月, 2019の投稿を表示しています

ロシア訪問

イメージ
モスクワに行ってきました
 10月10日から14日までの3泊5日でモスクワに行ってきました。

 20年ぶりくらいの海外旅行。

旅程 初日 日本を午前10時頃に出発。エアロフロートで。現地時間で16時過ぎに空港着。
ちなみに日本とロシアの時差は6時間。飛行機に乗っている時間は約10時間です。
機内食はイマイチ。機内食を考えると、次回、行くことがあるならJALにしようと思う。

出口にて日本語のできるロシア人女性により、お迎えを受け、車でホテルへ。
道路混雑が激しく、ホテルに着いたのは19時前頃。
お迎えの女性によると、現在のモスクワはヨーロッパで一番交通混雑が激しい都市であるとのこと。

当日は雨も降っていて、軽く徒歩で外出してすぐにホテルに戻り就寝。

2日目 元々、お願いしていた現地コーディネータの方(片言の日本語が話せるロシア人)と車でお出かけ。仕事関係なので、内容は・・・・🆖
お昼に食べたうどんが・・・・激まず。 15時頃にホテルに戻り、また、お出かけ。
GoogleMapsを頼りに地下鉄にトライ。 地下鉄は地中深く、エスカレータが長くてかなり急な作り。 アルファベット表記もあるんで、それを頼りにガイドも無しで乗ってみました。
結構、簡単でした。GoogleMapsは乗るべき車両の位置、何駅目かの駅数、そして駅名を日本語名でも表記してくれて、問題なく動くことができました。

目的のお土産やさんでチョコレートの大量買いと、ホテルで飲むためのビールを購入。他にも少しだけケーキを購入しました。
ケーキは、、、、ちょっと日本の味とは違う感じ。
3日目 3日目は今回の旅行のお目当ての一つである「猫劇場」へ。 ひとまず、午前中はまた地下鉄に乗って、「赤の広場」へ。

それから、グム百貨店でランチ。 14時半にホテルに戻り、コーディネータの女性(アンナさん)と合流。 猫劇場の前に「アルバツカヤ」というモスクワの観光者向けの通りでお買い物。
猫も芸を仕込めると言うことに感動を覚えました。 ただ、猫劇場は小さな子どもがたくさん来てた。子ども向けの演劇です。
ロシア人の子どもの正義感が強く見られる演劇をやっていました。 多分、同じ演劇をしても、日本とは反応が違うような気がします。 4日目 最終日です。 最終日は日本で購入したSIMカードの通信量がオーバーしてしまい、外ではスマホが使え…

Dropbox API を利用してPHPでVPSサーバーのバックアップ手順

イメージ
VPSのバックアップをどこにとるか?
 VPSサーバーには提供者側からバックアップの仕掛けが用意されていません。そう考えると、バックアップをどこかに取得する必要があります。
 以前は、違うブランドのVPSサーバーを借りて、そことrsyncさせる方法をとっていました。

 ただ、この方法だと弊社のサーバー管理方法では、一括バックアップを取得しようとするとrootアカウントでやり取りすることになってしまい、気持ち悪さを感じていました。

 今回、このブログで初めてコード埋込を実施しました。下記URLを参考にコード埋込をできるようにしました。
https://qiita.com/piro_erdes/items/f133e170a8cf6c10b449

Dropbox API 活用  Dropbox APIを利用することでVPSサーバー内のプログラムを使って、Dropboxへ転送してます。
 弊社の場合、Dropbox Business Advancedを利用していますので、容量無制限でアップで利用できます。
 Dropboxを利用することで、世代管理も自動でやってくれます。  また、APIコール数も月間で100万まで大丈夫のようです。 CURLを活用  基本はCURLの機能で実現していますので、タイトルにPHPと入れていますが、基本的には特別なSDKなどは不要で、応用すれば他の言語でも可能だと思います。
Dropbox APIのAPP作成 手順1 まず、Dropbox APIを利用するためには https://www.dropbox.com/developers/ へアクセスして、右上にある「App console」ボタンを押します。 ログインしてない場合はログインを促されます。 手順2 Create app のボタンを押します。 すると、下記の様な画面が出てきます。 Businessアカウントなので、右にDropbox Business APIの選択肢も出てきますが、Business APIは「管理機能」での利用なので、今回は左側の普通のDropbox APIを選択します。 手順3 続いて、下記の選択をしますが、今回はバックアップというかuploadの機能だけですので、App folderだけで大丈夫と思います。 手順4 Name your appに名前を入れます。 なん…