投稿

登録者数1000人未満でもスマホを使ってYouTubeでLIVE配信する方法

イメージ
登録者数1000人未満でのスマホライブ配信前はできていたYouTubeへのスマホでのライブ配信。 今は登録者数が1000人に満たない場合は許してくれません。 パソコンを利用したLIVE配信パソコンにWebカメラをつけてLIVE配信することは可能です。ただ、ノートパソコンについたカメラを利用するか、Webカメラを別途購入して配信するしか方法がないものだと思っていました。 Webカメラを利用した場合、色合いが悪くて、少し気になっていました。 パソコンのWebカメラとしてスマホを活用ZOOMなどのWeb会議の際に、パソコンのWebカメラとしてスマホを利用している人がいることを知る機会がありました。 Web会議で利用できるなら、YouTubeのライブ配信でも利用できるはずと考えました。 さらに、PCとスマホ間は無線、できればWiFiでできないかとも考えました。 Iriun Webcamhttps://iriun.com/
このアプリをスマホに入れて、パソコン側にもドライバーを入れることでスマホでのWebカメラ化が見事に成功! そして、WiFiでの接続なので、ケーブルレスで配信ができるようになりました。 LIVE放送の様子最初にいれたYouTube動画はそれで実現したLIVE放送になります。一方で、下に掲載したYouTube動画はいわゆる一般のWebカメラで撮影した映像になります。 もう、全然、色合いが違って解像度も違って、うれしい限りです。



LINEモバイル 1ヶ月利用しての使用雑感

イメージ
LINEモバイルに変えて1ヶ月7月の4日にソフトバンクからLINEモバイル(docomo回線)に変更して1ヶ月以上経過しましたので、使用雑感を書いてみたいと思います。 回線速度が遅いまず、痛感しているのが回線速度が遅いです。「SNS音楽データフリー」オプションを付加していますので、遠慮なくInstagramを見ていますが、ストーリーの動画はほぼ必ずと言っていいくらい途中で止まります。
他のサイトで速度のお話をしていて、10M以上の速度が出ているという記述があったりしますが、ここ福岡都市圏のアチコチで何度か計測をしましたが、2M出たことがありません。 大体がダウンロード速度は1Mから1.6Mの範囲です。アップロードの速度は幅があって、2.5Mから9Mくらいの値です。
以前のソフトバンク回線では大体50M以上の速度は常に出ていましたので、遅さが気になります。 そして、この回線速度ではテザリングがかなり不安要素です。まだ、テザリングを実施する環境にはないので、気にはなっていないだけです。 料金料金は圧勝です。現在、サービス期間として割引があるとは言え、1410円でした。
まあ、月額基本利用料2ヶ月0円キャンペーンのおかげです。 10分電話かけ放題オプション10分電話かけ放題オプションに加入していますが、私の連絡先登録の一部で+81から始まる形で登録されている相手先には「国際電話です」と言われてアプリから電話できません。面倒ですが、連絡先編集を実施してからかけるようにしています。 地道に編集していくことで解消されるでしょう。 総評今のところ、WiFi配下で通信する機会がほとんどなので、不満は少ないものの、やはり回線速度の遅さがかなり気になるところ。 3大キャリアの速度と比べてはダメなんだろうけど、遅すぎるのはそれで問題。 6ヶ月ほど利用してみる予定ではあるものの、その後は楽天モバイルの評判など、調べてまた変更するかもしれない。

LINEモバイルにソフトバンクからMNPしました

イメージ
LINEモバイル(docomo回線)にキャリア変更 デジタルTuka時代から20年以上利用してきたソフトバンク回線をMNPでキャリア変更しました。 そうは言ってもLINEもすでにソフトバンクグループですが。 MNPした理由以前にも書いたんですが、ソフトバンク回線をSIMフリーのAndroid携帯で利用しようとすると、不都合なことがたくさん発生します。 一番大きかった問題はテザリングができないことです。できるようにするためのオプションすらありません。 永年利用でPayPayのボーナスなどももらえていましたが、テザリングができない事は致命的でした。 LINEモバイルを選択した理由 LINEモバイルを選択した理由は本田翼のファンだから。 というのは結構副次的理由ですが、スマホで利用するアプリのメインが twitterInstagramFacebookLINE この4つが圧倒的に多いことでした。 特に交通機関などを利用して移動している際は上記4つくらいしか使ってません。 LINEモバイルはこれらの通信量がカウントされないというのが決め手でした。 選択したプラン音声通話SIM 6GB SNS音楽データフリー オプションで10分電話かけ放題 このプランを選択しました。 料金は3560円です。 そもそも、自宅や会社ではWiFi利用ですので、従来のソフトバンクでも1GB程度しか利用していませんでした。 なので、3GBの容量でも十分とも考えましたが、出先で作業をする時に1日で1GB以上を利用することもありますので、余裕のあるプランを選択しました。 10分電話かけ放題オプション このプランを利用しても「いつでも電話」というアプリ経由になって、その場合プレフィックスの番号を発信時に付加されるという事で、忘れそうなのが怖いとこです。
実際の使用感などはもう少し利用してみてからレポートしてみたいと思います。

ロシア訪問

イメージ
モスクワに行ってきました
 10月10日から14日までの3泊5日でモスクワに行ってきました。

 20年ぶりくらいの海外旅行。

旅程 初日 日本を午前10時頃に出発。エアロフロートで。現地時間で16時過ぎに空港着。
ちなみに日本とロシアの時差は6時間。飛行機に乗っている時間は約10時間です。
機内食はイマイチ。機内食を考えると、次回、行くことがあるならJALにしようと思う。

出口にて日本語のできるロシア人女性により、お迎えを受け、車でホテルへ。
道路混雑が激しく、ホテルに着いたのは19時前頃。
お迎えの女性によると、現在のモスクワはヨーロッパで一番交通混雑が激しい都市であるとのこと。

当日は雨も降っていて、軽く徒歩で外出してすぐにホテルに戻り就寝。

2日目 元々、お願いしていた現地コーディネータの方(片言の日本語が話せるロシア人)と車でお出かけ。仕事関係なので、内容は・・・・🆖
お昼に食べたうどんが・・・・激まず。 15時頃にホテルに戻り、また、お出かけ。
GoogleMapsを頼りに地下鉄にトライ。 地下鉄は地中深く、エスカレータが長くてかなり急な作り。 アルファベット表記もあるんで、それを頼りにガイドも無しで乗ってみました。
結構、簡単でした。GoogleMapsは乗るべき車両の位置、何駅目かの駅数、そして駅名を日本語名でも表記してくれて、問題なく動くことができました。

目的のお土産やさんでチョコレートの大量買いと、ホテルで飲むためのビールを購入。他にも少しだけケーキを購入しました。
ケーキは、、、、ちょっと日本の味とは違う感じ。
3日目 3日目は今回の旅行のお目当ての一つである「猫劇場」へ。 ひとまず、午前中はまた地下鉄に乗って、「赤の広場」へ。

それから、グム百貨店でランチ。 14時半にホテルに戻り、コーディネータの女性(アンナさん)と合流。 猫劇場の前に「アルバツカヤ」というモスクワの観光者向けの通りでお買い物。
猫も芸を仕込めると言うことに感動を覚えました。 ただ、猫劇場は小さな子どもがたくさん来てた。子ども向けの演劇です。
ロシア人の子どもの正義感が強く見られる演劇をやっていました。 多分、同じ演劇をしても、日本とは反応が違うような気がします。 4日目 最終日です。 最終日は日本で購入したSIMカードの通信量がオーバーしてしまい、外ではスマホが使え…

広角レンズの購入は良かった

イメージ
広角レンズの購入は良かった
 少し前に広角レンズを購入しました。
 撮影する際に広角レンズの必要性を感じていまして、6月に広角レンズを購入しました。

 今回、店舗撮影をする際に威力発揮。

 広角レンズならではの撮影がかなりできました。

 以前のレンズではかなり厳しかった画像を作り出すことができました。

店舗内の撮影に有効 広角レンズを利用した撮影において、一番威力を発揮したのは店舗内の撮影です。

 広い範囲を撮影できると言うことは、広く見せることができます。10mmの撮影をするとかなりの広範囲で撮影が可能です。

 広角レンズの特徴として、「手前のものはより大きく、遠くのものはより小さく写せる」という点があります。遠近感が強くなるわけです。
 この特徴が、店舗内の撮影において広く見せられる仕掛けになります。

屋外撮影に関しても 屋外撮影に関しても広角レンズを利用することで、いいあんばいでの写真が撮れた。


 と言うことで、北九州のソウルフード お好み焼き なにわ のホームページ制作を実施しました。

reCAPTCHA v3をWordpressサイトに導入

イメージ
reCAPTCHA v3とは
reCAPTCHAは不正なアクセスをするbotプログラムなどからサイトを防御するために利用されている仕掛けです。
v2などでは、この機能を利用して、画像認識に役立てていました。

v3になって、人間の反応など不要で、AIを利用してサイトの悪用を防止するシステムに変わりました。
PCで閲覧した場合、右下に下のような画像が表示されるようになりました。


しかも、v2まではフォームやログイン画面などへのアクセスだけに設置して防いでいたのですが、全てのページに対して設置できるようです。

reCAPTCHA v3をWordpressのサイトに導入 今回、Wordpressのプラグインを利用して、reCAPTCHA v3をWordpressサイトに導入しました。
手順は超簡単 まず、下記のページからサイトを登録して、キーを取得します。 https://www.google.com/recaptcha/admin/create
適当にラベルを入力して、v3を選択。
ドメインを入力して、利用条件に同意した後に送信ボタンでキーは取得できます。

Wordpressのプラグインは https://ja.wordpress.org/plugins/advanced-nocaptcha-recaptcha/
これを利用しました。

導入して、v3を選んで、上で取得したキーを入力するだけです。

どこで検証するか?という部分に関しては
こんな感じでチェックを入れました。

他はデフォルトのままです。

簡単でした。

導入後は管理画面で状況閲覧が可能です。
問題点 tokenを発行して処理されているんですが、5分程度の時間しか無いようです。 ということは、入力に時間がかかる場合はtimeoutの危険が増します。
管理画面上で、有効時間を延ばす術は無い模様。

Dropbox API を利用してPHPでVPSサーバーのバックアップ手順

イメージ
VPSのバックアップをどこにとるか?
 VPSサーバーには提供者側からバックアップの仕掛けが用意されていません。そう考えると、バックアップをどこかに取得する必要があります。
 以前は、違うブランドのVPSサーバーを借りて、そことrsyncさせる方法をとっていました。

 ただ、この方法だと弊社のサーバー管理方法では、一括バックアップを取得しようとするとrootアカウントでやり取りすることになってしまい、気持ち悪さを感じていました。

 今回、このブログで初めてコード埋込を実施しました。下記URLを参考にコード埋込をできるようにしました。
https://qiita.com/piro_erdes/items/f133e170a8cf6c10b449

Dropbox API 活用  Dropbox APIを利用することでVPSサーバー内のプログラムを使って、Dropboxへ転送してます。
 弊社の場合、Dropbox Business Advancedを利用していますので、容量無制限でアップで利用できます。
 Dropboxを利用することで、世代管理も自動でやってくれます。  また、APIコール数も月間で100万まで大丈夫のようです。 CURLを活用  基本はCURLの機能で実現していますので、タイトルにPHPと入れていますが、基本的には特別なSDKなどは不要で、応用すれば他の言語でも可能だと思います。
Dropbox APIのAPP作成 手順1 まず、Dropbox APIを利用するためには https://www.dropbox.com/developers/ へアクセスして、右上にある「App console」ボタンを押します。 ログインしてない場合はログインを促されます。 手順2 Create app のボタンを押します。 すると、下記の様な画面が出てきます。 Businessアカウントなので、右にDropbox Business APIの選択肢も出てきますが、Business APIは「管理機能」での利用なので、今回は左側の普通のDropbox APIを選択します。 手順3 続いて、下記の選択をしますが、今回はバックアップというかuploadの機能だけですので、App folderだけで大丈夫と思います。 手順4 Name your appに名前を入れます。 なん…