投稿

NASを利用したファイルサーバーからDropboxへの移行の手順

イメージ
NASからDropboxへの移行で苦心した
 お客様(中小企業で約15ユーザー程度)のDropboxへの移行で苦心した。同期に時間がかかりすぎる状況に。
 その影響で、トラフィックがあふれ、通常業務も影響を与えてしまいました。

 諸問題ありますが、手順と準備を間違えたなと思っています。

実施した手順
Dropbox Businessの登録を実施ユーザー登録の実施各PCへのDropbox導入一台のPCを利用して、NASからDropboxの共有エリアへコピー  結論としては、3と4は反対でした。  ただ、3と4を反対にすると、NAS利用を継続する場合、ファイルに差分が生じる可能性があり、極力、その差分の影響を少なくしたいため、上記手順を踏みました。 その他の問題点  NASで利用している容量分の空き容量があるパソコンがなかった。  これがないおかげで、一括でコピーできず、更にコピー後にスマートシンクで容量を確保する必要が発生。  このスマートシンクがくせ者で、ローカルにある状態からでも「一度はダウンロードを実施して、消す」みたいな動作を見せる。  その為、大容量の場合、時間がかかってしまいます。
 パソコンの性能に関しても、CPU速度が高いパソコンほどコピーの速度は速くなりますので、空き容量がたくさんある高性能パソコンがあると良かったのですが・・・
LAN同期の活用  容量分の空きがあるパソコンが存在すれば、各パソコンへの同期に対しても「LAN同期」というDropboxの機能が働きWAN側へのトラフィックの軽減になります。
 しかし、その容量確保が難しいためにLAN同期の機能を十分に働かせることができません。
 LAN同期は、同期速度を向上させる一番有効な方法ですので、同期が安定するまでで構わないので、NASの利用料分以上の空きが確保できるパソコンを準備することは非常に重要なこととなります。 NASデータの利用頻度が高いデータをDropboxにアップしてからデスクトップクライアントのインストール  Dropboxへは利用頻度の低いデータからアップしてしまいましたが、正しい手順としては、利用頻度が高いデータを先にアップする方が移行速度は速くなるかと感じた次第。
 利用頻度の低いデータに関しては、しばらくは従来通りにNASを参照していただき、各PCの同期具合を見ながら、移…

海外のクラウドなどにいくら払えばいいのか!?

イメージ
海外のクラウドなどにいくら払えばいいのか!?
最近、あれやこれやとクラウド関係の料金を取られているので、整理という意味でここに書いて、計算してみる。
 素朴な疑問として、これらの数字は政府が発表する輸出入統計に含まれるのだろうか?

組織として払っているクラウド利用料 会社の組織として支払いをしているクラウド利用料はDropbox Business AdvancedとMicrosoft Office 365の2つ。
以後、金額は税込み。
Dropbox Business Advanced これは4ライセンス。年間25920円×4ライセンス=103,680円
Office 365 こちらはスタッフと私でライセンスの種類を変えてる。
スタッフには「Office 365 Business」
年間11664円×3ライセンス=34,992円
私が「Office 365 Business Premium」
年間17,625円で、合計額が52,617円

以上2つが組織として加入しているクラウド料金。合わせて、156,297円。

個人として払っているクラウド利用料 Google 個人として支払いを行っているクラウド利用料はGmailの容量アップ100GB。個人で支払っていてももちろん会社経費。
年間2,500円。
Apple こちらはiCloudの容量アップ。MBPのiCloud活用やiPad Proのバックアップ用で200GBの容量を購入して、月額で400円。
年間4,800円。
Amazon amazonにはプライム会員としてお支払い。
年間3,900円。
それに加えて、Kindle Unlimitedも支払っている。
年間980円×12=11,760円。
合計で15,660円。

個人利用分での合計が22,960円。

以上、ここまでが定期的に支払っている費用です。

なんと、合計で179,257円もの金額をクラウド関係に支払っている形になってます。

すごい金額です。

Web制作会社にもかかわらず、Adobeに支払ってないのが救いです。

ちなみに、Adobeに支払おうと考えると、2ライセンスでも15,076円/月かかります。
年間でAdobeだけで上記金額を上回る180,912円

脱Adobeしたいです。

地名+業種名での検索結果Googleにお店が出なくなってきた

イメージ
地名+業種名での検索結果Googleにお店が出なくなってきた 最近、「地名+業種名」でGoogle検索をかけても出てくるのは「一覧サイト」が増えてきました。
 例えば、「福岡 美容室」と検索をかけたとして、下記の様な感じ。
 一位表示がホットペッパービューティ。2番目にGoogleマイビジネスが並ぶ。3番目から6番目もホットペッパーや楽天ビューティが並んでます。
 7〜9番目にして、やっと個別のお店のWebサイトが表示されています。
 そして、その表示されたお店はGoogleマイビジネスとは連動していません。Googleマイビジネスはパソコンから検索されたとしても位置情報を元に表示されています。
Googleマイビジネス  ということは、個別店舗が力を入れるべきポイントとして、Googleマイビジネスが非常に重要になっていると考え、対策が必要になります。
 ご自身のお店の店舗名で検索し、「このビジネスのオーナーですか?」と表示された場合、ちゃんと登録することをオススメします。
 オーナー登録しておき、店舗名で検索すると、下記の様な画面が表示されます。  右上にはどれくらい表示されたかなどの情報も表示されます。  これらをメンテナンスすることで、来店に繋がるようにしていきましょう。
詳しいご相談も承ります。

うらかわ園芸様のLINEスタンプの販売を開始

イメージ
うらかわ園芸様のLINEスタンプの販売を開始 この度、有限会社うらかわ園芸様からのご依頼を受け、キャラクターを作成させていただきました。
うらかわ園芸様は福岡市を中心に観葉植物のリース・レンタルをされている会社です。

 社長よりキャラクター作成の依頼を受け、作成し、そのLINEスタンプも作成させていただきました。

 8個のスタンプですが、ご利用の方よろしくお願いします。

SEO対策でのE-A-T

イメージ
SEO対策でのE-A-T
最近のGoogle様 最近のGoogle様のSEO対策の中心となっているWordがE-A-T。
 Google様が認める「高品質なコンテンツが存在すること」の要素がE-A-Tです。
E-A-Tとは
Expertise(専門性)Authoritativeness(権威性)Trustworthiness(信頼性)
検索順位への影響として、この3つを重視すると言うことです。
サイト制作で考えるべき事 このE-A-Tの判断は当たり前ですが、サイト単位(URL単位)で行われる形になります。サイトのブランディングが重要になってくると考えます。
 あと、SEO的に重要なのは「検索されたワードで適切な情報が表示され、その解決策がわかりやすく掲示してある」ようにページを構成することが大事になります。

 現在は外部からの被リンクの価値が大幅に下がってしまっているので、サイトの価値を高めることが一番のSEO対策に繋がります。

E-A-Tを高めるために E-A-Tを高めるためには狙ったキーワードでの「専門性」の高い記事を書いていくことが重要になります。
 狙ったキーワードでの関連記事を多数書くことで、そのサイトの専門性が高まります。

 専門性が高まってくると、そこに信頼性が高まり、権威性が高まってくると言う流れができあがります。

関連記事のネタ 関連記事のネタに関してはGoogle検索の窓に狙ったキーワードの後ろにスペースを入れることでネタは拾えます。
 2Wordだけでなく、3Wordで書き続ける方が多くのネタを仕入れられます。

 とにかく、E-A-Tの高まるサイトを制作していきましょう。

ブランディング塾を受講して

イメージ
ブランディング ブランディングとは「企業・事業者側」がこう思われたいという内容と「顧客・消費者」がこう思う、という事を一致させること。
 「企業・事業者側」はブランド要素を色々と構築し、ブランド体験させることで刺激を与え、「顧客・消費者」に反応を促す。

 ブランドを構築する大変さを痛感した次第。

ブランド要素 ブランド要素を構成するものには

ネーミングロゴマークキャッチコピーキャラクターパッケージ という基本構成なものから、色や音楽、匂い、そしてドメイン(URL)までと色々と構成するものがあると。
ブランド体験  ブランド体験は 最前線の従業員の15秒間の接客態度が、企業の成功を左右する。その15秒間を真実の瞬間という。  という「ヤン・カールソン(スカンジナビア航空CEO」の言葉があるらしい。

 多くの「顧客接点」に共通するブランド・アイデンティティを構築することも大事。

ブランド構築のステップ ブランドを作るステップ(戦略)市場機会の発見(3C分析)市場の細分化(セグメンテーション)見込み客の選定(ターゲティング)独自性の発見(ポジショニング)価値の明文化(ブランド・アイデンティティー) ブランドを伝えるステップ(戦術) 具体化(4P/4C)ブランド要素・ブランド体験(刺激の設計)実行計画の策定 という流れで実施していくとのこと。
戦略作りから戦術展開という順を追って、やっていくと。
戦略を間違えると、価格競争に陥ったり、伸び悩んだりする。
これらの戦略・戦術作りも、弊社の事業として、お客様と一緒に考えられるようにやって行けたら良いのかとも思った次第。

キャッシュレス社会

イメージ
数日前に給与の電子マネーでの支払いを可能にするように厚生労働省が規制緩和を検討中とのこと。
さすがに仮想通貨での支払いはないだろうけど、怖い話と感じた次第。
 銀行は少なくとも1000万円までの預金が保護されるので、給与支払い直後に銀行が破綻してしまっても少なくとも給与分は完全に保護される。

 対して、各電子マネーの取り扱い事業者に対する保護はない。

 給与支払い直後に破綻した場合、どうなるんだろうか?と思った次第。

電子マネーは便利 しかし、私自身はガンガンと電子マネーを利用しています。
 西鉄が発行するニモカ。セブンイレブンのナナコ。楽天Edy。イオンのWAON。全部で4種類の電子マネーを利用している次第。

 基本的な日常はナナコとEdyが多いかな。コンビニでの支払いにおいて、現金を利用することはほとんどありません。

 先日、京都に行った際においてもニモカ大活躍。やはり、交通系電子マネーが規格統一されている利点は偉大です。
 乗り物への乗降者で現金を利用したのは比叡山ケーブルカー(含むロープウェイ)、坂本ケーブルカーくらい。
 便利さを非常に感じました。

ニモカのポイント ニモカのポイントはバスと電車で別体系。
 バス1回の利用金額×2%の基本ポイントが付与されます。それに加えて、ボーナスポイントの付与のされるという形です。
 バスの場合、2000円で+50、4000円使うと+100ポイントなどボーナスポイントが付与されていきます。2000円毎にボーナスポイントが増えていく形です。いっぱい使えばお得という感じです。
 但し、10000円達成でまたリセット・・・・なんじゃそれ・・・って感じ。
 230円区間の場合、42回乗車で9660円。500ポイントの乗車ポイントが付きます。

 電車の場合は乗車回数で付与率が変わるという仕組み。
 20回までは1%の切り捨てでしか付与されませんが、20回以上の乗車で2%が付与され、40回以上は3%になります。
 これ、200円未満の乗車区間の場合、最初は1回の乗車で1ポイントしか付かないですが、21回目からは3ポイント付与されます。(西鉄電車は最低料金150円)

 42回乗車で計算。
 最低料金区間の場合、最初の20回までで20ポイント。40回までで60ポイント。残りの2回で8ポイントで88ポイントが付与される形。
 42回…