投稿

1月, 2015の投稿を表示しています

ロシア訪問

イメージ
モスクワに行ってきました
 10月10日から14日までの3泊5日でモスクワに行ってきました。

 20年ぶりくらいの海外旅行。

旅程 初日 日本を午前10時頃に出発。エアロフロートで。現地時間で16時過ぎに空港着。
ちなみに日本とロシアの時差は6時間。飛行機に乗っている時間は約10時間です。
機内食はイマイチ。機内食を考えると、次回、行くことがあるならJALにしようと思う。

出口にて日本語のできるロシア人女性により、お迎えを受け、車でホテルへ。
道路混雑が激しく、ホテルに着いたのは19時前頃。
お迎えの女性によると、現在のモスクワはヨーロッパで一番交通混雑が激しい都市であるとのこと。

当日は雨も降っていて、軽く徒歩で外出してすぐにホテルに戻り就寝。

2日目 元々、お願いしていた現地コーディネータの方(片言の日本語が話せるロシア人)と車でお出かけ。仕事関係なので、内容は・・・・🆖
お昼に食べたうどんが・・・・激まず。 15時頃にホテルに戻り、また、お出かけ。
GoogleMapsを頼りに地下鉄にトライ。 地下鉄は地中深く、エスカレータが長くてかなり急な作り。 アルファベット表記もあるんで、それを頼りにガイドも無しで乗ってみました。
結構、簡単でした。GoogleMapsは乗るべき車両の位置、何駅目かの駅数、そして駅名を日本語名でも表記してくれて、問題なく動くことができました。

目的のお土産やさんでチョコレートの大量買いと、ホテルで飲むためのビールを購入。他にも少しだけケーキを購入しました。
ケーキは、、、、ちょっと日本の味とは違う感じ。
3日目 3日目は今回の旅行のお目当ての一つである「猫劇場」へ。 ひとまず、午前中はまた地下鉄に乗って、「赤の広場」へ。

それから、グム百貨店でランチ。 14時半にホテルに戻り、コーディネータの女性(アンナさん)と合流。 猫劇場の前に「アルバツカヤ」というモスクワの観光者向けの通りでお買い物。
猫も芸を仕込めると言うことに感動を覚えました。 ただ、猫劇場は小さな子どもがたくさん来てた。子ども向けの演劇です。
ロシア人の子どもの正義感が強く見られる演劇をやっていました。 多分、同じ演劇をしても、日本とは反応が違うような気がします。 4日目 最終日です。 最終日は日本で購入したSIMカードの通信量がオーバーしてしまい、外ではスマホが使え…

ドライブレコーダーを買いました

イメージ
ドライブレコーダーを買いました。
 買おう、買おうと考えておりましたが、無駄に月日が流れてました。

 で、最近は知り合いの人が立て続けに軽微な事故を起こしたのを見まして、急ぎ、買っておこうと思い立った次第。

 で、今回はAmazonより購入。
色々と悩みましたが、色々な情報サイトの一番に出てきていたYupiteruを購入。


 なんか、ドラレコを設置すると、「地デジアンテナ」の感度にも影響が出るの出ないのと書かれてたりしましたので、色々と不安に思いながらの購入です。

 これが良ければ、父親の車にも設置してもらおうと思ってます。
 でもって、車を乗らなくなったら、背面のカメラにしてしまおうというヨコシマな思いを持っております。

Google認証システムとMicrosoftの認証システムの導入

イメージ
Googleの認証システムを導入しました。
 二段階認証システムの管理をSMSから、このアプリへ移行しました。


 私自身、携帯電話は2台持ち。ガラケーとスマホを所有してます。
 今、利用しているXperia Z3 Compactですが、数ヶ月利用してみて、十分に満足できるほどの電池の持ち時間を感じています。

 この持ち時間であれば、ガラケーを手放してもいいかな?と感じるようになってきました。

 Microsoftも認証システムがあり、非常に便利さを感じていました。

 Googleもあるのかな?と探してみたところ、やっぱりありました。

 ということで、現在、2つのアカウントにて実験中です。

今年度の目標

2015年、新年明けましておめでとうございます。

 今年もIBGは「変化」しながらお客様の満足を貰えるようにがんばります。

 2015年は会社の目標として、「経営の見直し」を考えています。
 「経営の見直し」で会社を変化させたいと思ってます。

 私自身、今までは「技術の変化」への対応を中心に仕事をしてきました。コンピュータの世界は次から次に新しいテクノロジーが生まれ、変化していきます。その変化への対応をしてきた感じでした。

 今年はそうではなくて、「経営」として変化させようと考えてます。
 その一番は「スタッフ」のさらなる成長です。

 彼女たちに対して、更なる成長をしてもらうために、私が何をする必要があるかを考えながら日々過ごして行きたいと考えてます。