投稿

8月, 2012の投稿を表示しています

reCAPTCHA v3をWordpressサイトに導入

イメージ
reCAPTCHA v3とは
reCAPTCHAは不正なアクセスをするbotプログラムなどからサイトを防御するために利用されている仕掛けです。
v2などでは、この機能を利用して、画像認識に役立てていました。

v3になって、人間の反応など不要で、AIを利用してサイトの悪用を防止するシステムに変わりました。
PCで閲覧した場合、右下に下のような画像が表示されるようになりました。


しかも、v2まではフォームやログイン画面などへのアクセスだけに設置して防いでいたのですが、全てのページに対して設置できるようです。

reCAPTCHA v3をWordpressのサイトに導入 今回、Wordpressのプラグインを利用して、reCAPTCHA v3をWordpressサイトに導入しました。
手順は超簡単 まず、下記のページからサイトを登録して、キーを取得します。 https://www.google.com/recaptcha/admin/create
適当にラベルを入力して、v3を選択。
ドメインを入力して、利用条件に同意した後に送信ボタンでキーは取得できます。

Wordpressのプラグインは https://ja.wordpress.org/plugins/advanced-nocaptcha-recaptcha/
これを利用しました。

導入して、v3を選んで、上で取得したキーを入力するだけです。

どこで検証するか?という部分に関しては
こんな感じでチェックを入れました。

他はデフォルトのままです。

簡単でした。

導入後は管理画面で状況閲覧が可能です。
問題点 tokenを発行して処理されているんですが、5分程度の時間しか無いようです。 ということは、入力に時間がかかる場合はtimeoutの危険が増します。
管理画面上で、有効時間を延ばす術は無い模様。

LTEの速度

DocomoのLTE対応Android端末を利用しだして、大体、半月ほど経過したんで感想。

結論から言うと、そんなに速さは感じない。
通信量の制限があることを考えると、FOMAの方が良いのかもしれない。

Android携帯として、電池の消耗も考えると、FOMAの優位性が更に高まる。
というか、LTEが悪いと言うよりもFOMAの電波が良すぎるんだと思う。

以前より、データ通信端末としてFOMAのモバイルルーターを利用していたが、快適に利用できていた。特に、速度などに不満をいだいたこともない。

接続状況にいたっては、当然のごとく、田舎でも利用できることは非常に良かった。

私の利用環境において、LTEは実効速度として5〜6M程度の速度が出ることが多い。
でも、天神で測ると2Mも出なかったりする。

測る場所において、上下動が激しい感じ。
ネット的に安定してないのかもしれない。