Dropbox API を利用してPHPでVPSサーバーのバックアップ手順

イメージ
VPSのバックアップをどこにとるか?
 VPSサーバーには提供者側からバックアップの仕掛けが用意されていません。そう考えると、バックアップをどこかに取得する必要があります。
 以前は、違うブランドのVPSサーバーを借りて、そことrsyncさせる方法をとっていました。

 ただ、この方法だと弊社のサーバー管理方法では、一括バックアップを取得しようとするとrootアカウントでやり取りすることになってしまい、気持ち悪さを感じていました。

 今回、このブログで初めてコード埋込を実施しました。下記URLを参考にコード埋込をできるようにしました。
https://qiita.com/piro_erdes/items/f133e170a8cf6c10b449

Dropbox API 活用  Dropbox APIを利用することでVPSサーバー内のプログラムを使って、Dropboxへ転送してます。
 弊社の場合、Dropbox Business Advancedを利用していますので、容量無制限でアップで利用できます。
 Dropboxを利用することで、世代管理も自動でやってくれます。  また、APIコール数も月間で100万まで大丈夫のようです。 CURLを活用  基本はCURLの機能で実現していますので、タイトルにPHPと入れていますが、基本的には特別なSDKなどは不要で、応用すれば他の言語でも可能だと思います。
Dropbox APIのAPP作成 手順1 まず、Dropbox APIを利用するためには https://www.dropbox.com/developers/ へアクセスして、右上にある「App console」ボタンを押します。 ログインしてない場合はログインを促されます。 手順2 Create app のボタンを押します。 すると、下記の様な画面が出てきます。 Businessアカウントなので、右にDropbox Business APIの選択肢も出てきますが、Business APIは「管理機能」での利用なので、今回は左側の普通のDropbox APIを選択します。 手順3 続いて、下記の選択をしますが、今回はバックアップというかuploadの機能だけですので、App folderだけで大丈夫と思います。 手順4 Name your appに名前を入れます。 なん…

宅ファイル便の情報漏洩は人ごとと考えずに

大容量ファイル転送サービス「宅ファイル便」による情報漏洩


2019年1月25日に「宅ファイル便」という大容量のファイル転送サービスが不正アクセスを受け、約480万件ものメールアドレスや氏名、パスワードなどの漏洩事故を起こしました!
詳しい情報は宅ファイル便のサイトに掲載されています。

今回の事故は他人事で済ましてはいけません

2005年以降、宅ファイル便で大きなファイルを転送したことがある人が今回の被害者です。
その方達には、利用したメールアドレスに対して、
「このメールは、今回情報漏えいの恐れがあるお客様に送付させていただいております。」
で始まるメールが届いているかと思います。

メールが届いた人は

上記メールが宅ファイル便より届いた人は、そのメールを利用しているWebサービスなどのパスワードを全て変更してください。
至急です。
今回の問題は、2005年からと10年以上前から影響を受けているので、利用者自身が、一体、どのパスワードを利用していたかもわからない人が多くいると思われます。

メールが届いていなくても

本人にメールが届いていなくても、経営者や部下を持つ上長さんは部下の人間が宅ファイル便を利用していなかったか?上記のメールが届いていないか?を確認しましょう。

届いている人がいた場合、速やかにパスワード変更の対策をさせてください。
会社で利用しているWebサービスなどがある場合は、忘れないように確認・指示しましょう。

早めの対応が、事故を防ぎます。

コメント

このブログの人気の投稿

UTM(統合脅威管理)って邪魔で不要

巡回頻度を上げるぞ

富山大学感染予防医学講座