reCAPTCHA v3をWordpressサイトに導入

イメージ
reCAPTCHA v3とは
reCAPTCHAは不正なアクセスをするbotプログラムなどからサイトを防御するために利用されている仕掛けです。
v2などでは、この機能を利用して、画像認識に役立てていました。

v3になって、人間の反応など不要で、AIを利用してサイトの悪用を防止するシステムに変わりました。
PCで閲覧した場合、右下に下のような画像が表示されるようになりました。


しかも、v2まではフォームやログイン画面などへのアクセスだけに設置して防いでいたのですが、全てのページに対して設置できるようです。

reCAPTCHA v3をWordpressのサイトに導入 今回、Wordpressのプラグインを利用して、reCAPTCHA v3をWordpressサイトに導入しました。
手順は超簡単 まず、下記のページからサイトを登録して、キーを取得します。 https://www.google.com/recaptcha/admin/create
適当にラベルを入力して、v3を選択。
ドメインを入力して、利用条件に同意した後に送信ボタンでキーは取得できます。

Wordpressのプラグインは https://ja.wordpress.org/plugins/advanced-nocaptcha-recaptcha/
これを利用しました。

導入して、v3を選んで、上で取得したキーを入力するだけです。

どこで検証するか?という部分に関しては
こんな感じでチェックを入れました。

他はデフォルトのままです。

簡単でした。

導入後は管理画面で状況閲覧が可能です。
問題点 tokenを発行して処理されているんですが、5分程度の時間しか無いようです。 ということは、入力に時間がかかる場合はtimeoutの危険が増します。
管理画面上で、有効時間を延ばす術は無い模様。

電子マネー、いったい、どれがお得か?便利か?

百花繚乱、電子マネー

上画像がIC系の電子マネーの一部。これに、最近、一世風靡したPayPay等のQRコード決済系の電子マネーも加わります。

じゃあ、今、今日の時点で一体どの電子マネーがお得なのか?

多分、それは「LINE Pay」です。

Payトク

1/25から1/31まで、ファミマなどのコンビニと一部ドラッグストア限定ではあるものの、「コード支払い」を利用することで20%還元
そう、PayPayのやってたキャンペーンと同じ還元率であります。

但し、制限がありまして、最高還元額が5000円です。
つまり、25000円のお支払いまでです。

でもって、対象外商品もいっぱい。
お酒・タバコ・書籍・チケット・金券などの一部商品はダメだし、公共料金や税金などの支払いにも使えません。

リアルな商品にしか使えないという、まあ、なかなか25000円を使うのは難しいというキャンペーンをやっております。

でもですね、一人分だと難しいかもしれませんが、団体分の購入でお得になるわけです。

ランチに会社のみんなの分を喜んで買い出しに行くとかいかがでしょうか?

ドラッグストアの場合、普段はちょっとお高くて手の出ない化粧品や健康食品を購入してみるのはいかがでしょう?

と、LINE Payの宣伝をがっつりしましたが、それ以外で考えてみましょう。

便利な電子マネー

これは、交通系ICカードですね。
使える範囲が一番広く、ほぼ全てのコンビニで支払えます。
電子マネーを取り扱いしている家電店でも支払えます。

幅広く使えるので、電子マネーとして、これは最低限、抑えておきたい電子マネーですね。

IC系のお得なカード

利用店舗が限られますが、非常に限られますが、私はnanacoがお得と思っている次第。

頻繁に色々なキャンペーンを実施していて、10%以上のポイント還元や割引が多く実施されています。

もう一つ、現在は実施しておりませんが、JCBのOkiDokiポイント1ポイントに対して、nanacoポイント6ポイントに還元されるキャンペーンがあること。
今でも5ポイント還元です。

5ポイント還元でも「手数料」不要なので、JCB商品券に交換するよりもお得です。

Edyとか楽天Superポイントなどのポイントがそれぞれ3と4ポイントなんで、そちらに変更するよりも圧倒的なお得感あります。
WAONやdポイントへの交換も4ポイントですね。


電子マネーはお得に活用していきましょう。

コメント

このブログの人気の投稿

UTM(統合脅威管理)って邪魔で不要

AWSのS3をLinuxでマウントして、更にWindowsで利用

巡回頻度を上げるぞ