Dropbox API を利用してPHPでVPSサーバーのバックアップ手順

イメージ
VPSのバックアップをどこにとるか?
 VPSサーバーには提供者側からバックアップの仕掛けが用意されていません。そう考えると、バックアップをどこかに取得する必要があります。
 以前は、違うブランドのVPSサーバーを借りて、そことrsyncさせる方法をとっていました。

 ただ、この方法だと弊社のサーバー管理方法では、一括バックアップを取得しようとするとrootアカウントでやり取りすることになってしまい、気持ち悪さを感じていました。

 今回、このブログで初めてコード埋込を実施しました。下記URLを参考にコード埋込をできるようにしました。
https://qiita.com/piro_erdes/items/f133e170a8cf6c10b449

Dropbox API 活用  Dropbox APIを利用することでVPSサーバー内のプログラムを使って、Dropboxへ転送してます。
 弊社の場合、Dropbox Business Advancedを利用していますので、容量無制限でアップで利用できます。
 Dropboxを利用することで、世代管理も自動でやってくれます。  また、APIコール数も月間で100万まで大丈夫のようです。 CURLを活用  基本はCURLの機能で実現していますので、タイトルにPHPと入れていますが、基本的には特別なSDKなどは不要で、応用すれば他の言語でも可能だと思います。
Dropbox APIのAPP作成 手順1 まず、Dropbox APIを利用するためには https://www.dropbox.com/developers/ へアクセスして、右上にある「App console」ボタンを押します。 ログインしてない場合はログインを促されます。 手順2 Create app のボタンを押します。 すると、下記の様な画面が出てきます。 Businessアカウントなので、右にDropbox Business APIの選択肢も出てきますが、Business APIは「管理機能」での利用なので、今回は左側の普通のDropbox APIを選択します。 手順3 続いて、下記の選択をしますが、今回はバックアップというかuploadの機能だけですので、App folderだけで大丈夫と思います。 手順4 Name your appに名前を入れます。 なん…

電子マネー、いったい、どれがお得か?便利か?

百花繚乱、電子マネー

上画像がIC系の電子マネーの一部。これに、最近、一世風靡したPayPay等のQRコード決済系の電子マネーも加わります。

じゃあ、今、今日の時点で一体どの電子マネーがお得なのか?

多分、それは「LINE Pay」です。

Payトク

1/25から1/31まで、ファミマなどのコンビニと一部ドラッグストア限定ではあるものの、「コード支払い」を利用することで20%還元
そう、PayPayのやってたキャンペーンと同じ還元率であります。

但し、制限がありまして、最高還元額が5000円です。
つまり、25000円のお支払いまでです。

でもって、対象外商品もいっぱい。
お酒・タバコ・書籍・チケット・金券などの一部商品はダメだし、公共料金や税金などの支払いにも使えません。

リアルな商品にしか使えないという、まあ、なかなか25000円を使うのは難しいというキャンペーンをやっております。

でもですね、一人分だと難しいかもしれませんが、団体分の購入でお得になるわけです。

ランチに会社のみんなの分を喜んで買い出しに行くとかいかがでしょうか?

ドラッグストアの場合、普段はちょっとお高くて手の出ない化粧品や健康食品を購入してみるのはいかがでしょう?

と、LINE Payの宣伝をがっつりしましたが、それ以外で考えてみましょう。

便利な電子マネー

これは、交通系ICカードですね。
使える範囲が一番広く、ほぼ全てのコンビニで支払えます。
電子マネーを取り扱いしている家電店でも支払えます。

幅広く使えるので、電子マネーとして、これは最低限、抑えておきたい電子マネーですね。

IC系のお得なカード

利用店舗が限られますが、非常に限られますが、私はnanacoがお得と思っている次第。

頻繁に色々なキャンペーンを実施していて、10%以上のポイント還元や割引が多く実施されています。

もう一つ、現在は実施しておりませんが、JCBのOkiDokiポイント1ポイントに対して、nanacoポイント6ポイントに還元されるキャンペーンがあること。
今でも5ポイント還元です。

5ポイント還元でも「手数料」不要なので、JCB商品券に交換するよりもお得です。

Edyとか楽天Superポイントなどのポイントがそれぞれ3と4ポイントなんで、そちらに変更するよりも圧倒的なお得感あります。
WAONやdポイントへの交換も4ポイントですね。


電子マネーはお得に活用していきましょう。

コメント

このブログの人気の投稿

UTM(統合脅威管理)って邪魔で不要

巡回頻度を上げるぞ

富山大学感染予防医学講座