reCAPTCHA v3をWordpressサイトに導入

イメージ
reCAPTCHA v3とは
reCAPTCHAは不正なアクセスをするbotプログラムなどからサイトを防御するために利用されている仕掛けです。
v2などでは、この機能を利用して、画像認識に役立てていました。

v3になって、人間の反応など不要で、AIを利用してサイトの悪用を防止するシステムに変わりました。
PCで閲覧した場合、右下に下のような画像が表示されるようになりました。


しかも、v2まではフォームやログイン画面などへのアクセスだけに設置して防いでいたのですが、全てのページに対して設置できるようです。

reCAPTCHA v3をWordpressのサイトに導入 今回、Wordpressのプラグインを利用して、reCAPTCHA v3をWordpressサイトに導入しました。
手順は超簡単 まず、下記のページからサイトを登録して、キーを取得します。 https://www.google.com/recaptcha/admin/create
適当にラベルを入力して、v3を選択。
ドメインを入力して、利用条件に同意した後に送信ボタンでキーは取得できます。

Wordpressのプラグインは https://ja.wordpress.org/plugins/advanced-nocaptcha-recaptcha/
これを利用しました。

導入して、v3を選んで、上で取得したキーを入力するだけです。

どこで検証するか?という部分に関しては
こんな感じでチェックを入れました。

他はデフォルトのままです。

簡単でした。

導入後は管理画面で状況閲覧が可能です。
問題点 tokenを発行して処理されているんですが、5分程度の時間しか無いようです。 ということは、入力に時間がかかる場合はtimeoutの危険が増します。
管理画面上で、有効時間を延ばす術は無い模様。

海外のクラウドなどにいくら払えばいいのか!?

海外のクラウドなどにいくら払えばいいのか!?


最近、あれやこれやとクラウド関係の料金を取られているので、整理という意味でここに書いて、計算してみる。
 素朴な疑問として、これらの数字は政府が発表する輸出入統計に含まれるのだろうか?

組織として払っているクラウド利用料

会社の組織として支払いをしているクラウド利用料はDropbox Business AdvancedとMicrosoft Office 365の2つ。
以後、金額は税込み。

Dropbox Business Advanced

これは4ライセンス。年間25920円×4ライセンス=103,680円

Office 365

こちらはスタッフと私でライセンスの種類を変えてる。
スタッフには「Office 365 Business」
年間11664円×3ライセンス=34,992円
私が「Office 365 Business Premium」
年間17,625円で、合計額が52,617円

以上2つが組織として加入しているクラウド料金。合わせて、156,297円。

個人として払っているクラウド利用料

Google

個人として支払いを行っているクラウド利用料はGmailの容量アップ100GB。個人で支払っていてももちろん会社経費。
年間2,500円。

Apple

こちらはiCloudの容量アップ。MBPのiCloud活用やiPad Proのバックアップ用で200GBの容量を購入して、月額で400円。
年間4,800円。

Amazon

amazonにはプライム会員としてお支払い。
年間3,900円。
それに加えて、Kindle Unlimitedも支払っている。
年間980円×12=11,760円。
合計で15,660円。

個人利用分での合計が22,960円。

以上、ここまでが定期的に支払っている費用です。

なんと、合計で179,257円もの金額をクラウド関係に支払っている形になってます。

すごい金額です。

Web制作会社にもかかわらず、Adobeに支払ってないのが救いです。

ちなみに、Adobeに支払おうと考えると、2ライセンスでも15,076円/月かかります。
年間でAdobeだけで上記金額を上回る180,912円

脱Adobeしたいです。

コメント

このブログの人気の投稿

UTM(統合脅威管理)って邪魔で不要

AWSのS3をLinuxでマウントして、更にWindowsで利用

巡回頻度を上げるぞ