reCAPTCHA v3をWordpressサイトに導入

イメージ
reCAPTCHA v3とは
reCAPTCHAは不正なアクセスをするbotプログラムなどからサイトを防御するために利用されている仕掛けです。
v2などでは、この機能を利用して、画像認識に役立てていました。

v3になって、人間の反応など不要で、AIを利用してサイトの悪用を防止するシステムに変わりました。
PCで閲覧した場合、右下に下のような画像が表示されるようになりました。


しかも、v2まではフォームやログイン画面などへのアクセスだけに設置して防いでいたのですが、全てのページに対して設置できるようです。

reCAPTCHA v3をWordpressのサイトに導入 今回、Wordpressのプラグインを利用して、reCAPTCHA v3をWordpressサイトに導入しました。
手順は超簡単 まず、下記のページからサイトを登録して、キーを取得します。 https://www.google.com/recaptcha/admin/create
適当にラベルを入力して、v3を選択。
ドメインを入力して、利用条件に同意した後に送信ボタンでキーは取得できます。

Wordpressのプラグインは https://ja.wordpress.org/plugins/advanced-nocaptcha-recaptcha/
これを利用しました。

導入して、v3を選んで、上で取得したキーを入力するだけです。

どこで検証するか?という部分に関しては
こんな感じでチェックを入れました。

他はデフォルトのままです。

簡単でした。

導入後は管理画面で状況閲覧が可能です。
問題点 tokenを発行して処理されているんですが、5分程度の時間しか無いようです。 ということは、入力に時間がかかる場合はtimeoutの危険が増します。
管理画面上で、有効時間を延ばす術は無い模様。

専門家集団による開業支援サポート

 BNIとびうめチャプター発足に伴い、メンバーのみんなと「美容室」や「飲食店」をはじめ、色々な職種の方々の開業サポートが出来るようになりました。


 具体的には

  • 元銀行マンで「開業支援資金の貸付を行う日本政策金融公庫」の申込時に同席できる財務コンサルタントによる資金調達のアドバイスやサポート
  • 司法書士による会社設立に関するサポート
  • 不動産仲介
  • 内装工事
  • チラシやはがき、他各種印刷
  • ホームページ制作
  • 広告・看板の制作、店舗のガラス装飾
  • レジスター周りなど含むシステム的なアドバイス
  • 助成金周りのアドバイスと申請が得意な社会保険労務士
  • 税理士
 ほぼ全てのジャンルでのプロフェッショナルが集結しております。

 こう言うプロフェッショナルに対して、いっぺんにお話できるチャンスが毎週火曜日の朝7時より、博多駅前のクリオコートで行われる定例会です。

 ご興味のある方は、下記よりメッセージ下さい。

 お待ちしております。

コメント

このブログの人気の投稿

UTM(統合脅威管理)って邪魔で不要

AWSのS3をLinuxでマウントして、更にWindowsで利用

巡回頻度を上げるぞ