reCAPTCHA v3をWordpressサイトに導入

イメージ
reCAPTCHA v3とは
reCAPTCHAは不正なアクセスをするbotプログラムなどからサイトを防御するために利用されている仕掛けです。
v2などでは、この機能を利用して、画像認識に役立てていました。

v3になって、人間の反応など不要で、AIを利用してサイトの悪用を防止するシステムに変わりました。
PCで閲覧した場合、右下に下のような画像が表示されるようになりました。


しかも、v2まではフォームやログイン画面などへのアクセスだけに設置して防いでいたのですが、全てのページに対して設置できるようです。

reCAPTCHA v3をWordpressのサイトに導入 今回、Wordpressのプラグインを利用して、reCAPTCHA v3をWordpressサイトに導入しました。
手順は超簡単 まず、下記のページからサイトを登録して、キーを取得します。 https://www.google.com/recaptcha/admin/create
適当にラベルを入力して、v3を選択。
ドメインを入力して、利用条件に同意した後に送信ボタンでキーは取得できます。

Wordpressのプラグインは https://ja.wordpress.org/plugins/advanced-nocaptcha-recaptcha/
これを利用しました。

導入して、v3を選んで、上で取得したキーを入力するだけです。

どこで検証するか?という部分に関しては
こんな感じでチェックを入れました。

他はデフォルトのままです。

簡単でした。

導入後は管理画面で状況閲覧が可能です。
問題点 tokenを発行して処理されているんですが、5分程度の時間しか無いようです。 ということは、入力に時間がかかる場合はtimeoutの危険が増します。
管理画面上で、有効時間を延ばす術は無い模様。

求人情報をIndeedとGoogle検索に掲載

求人情報をIndeedとGoogle検索に掲載

今回、求人を募集するに当たり、ひとまず無償で掲載できるIndeedとGoogle for Jobsに掲載してみました。
Indeed → http://bit.ly/2TLeh4f
Google for Jobs → https://g.co/kgs/wZg7nv

Google for Jobsへの掲載は、弊社の採用ページからの情報が掲載されています。

Google for Jobsに沿った形で、情報をソースコードに書き込み、それをGoogleが認識して掲載してくれています。

ちなみに、Indeedの方は600円/日でクリック課金にも申し込んでみましたが、どういう条件でクリックされやすくしているのかすらわからない状態で申し込んでいます。

ここは、もう少し、調べる必要があろうかと。

検索エンジンが求人情報を表示する時代

なんと言っても、従来は無償の求人広告としてはハローワークが事実上独占していた時代です。
それに対して、IndeedやGoogleが無償で求人を掲載してくれる時代になりました。

IndeedもGoogleも、通常の検索広告と同様にクリック型広告も掲載できます。

これからの求人情報

しかし、リクルートやマイナビなど、有料の求人媒体は今後どうなっていくんでしょうか?
今年中にそれなりに大きい会社が潰れてしまうんではないかと予想してます。

怖いのはGoogle

そのうち、Googleはその人の興味や趣味、検索傾向、訪れているサイトの情報等を見ながら、検索もしていないのにマッチングされた求人情報が検索結果に表示されるようになるのではないか?と予想しています。
AIで利用者が興味を持ち、マッチアップしそうな求人情報を勝手に掲載し、転職希望ですらなかったような人が、急に転職に興味を持ちだしてしまい、転職活動を始めてしまうような時代を作ってしまいそうな気がします。

AIで導かれた求人情報で、仮に転職をして、本当に良い結果が出れば良いのでしょうが。

コメント

このブログの人気の投稿

UTM(統合脅威管理)って邪魔で不要

AWSのS3をLinuxでマウントして、更にWindowsで利用

巡回頻度を上げるぞ