広角レンズの購入は良かった

イメージ
広角レンズの購入は良かった
 少し前に広角レンズを購入しました。
 撮影する際に広角レンズの必要性を感じていまして、6月に広角レンズを購入しました。

 今回、店舗撮影をする際に威力発揮。

 広角レンズならではの撮影がかなりできました。

 以前のレンズではかなり厳しかった画像を作り出すことができました。

店舗内の撮影に有効 広角レンズを利用した撮影において、一番威力を発揮したのは店舗内の撮影です。

 広い範囲を撮影できると言うことは、広く見せることができます。10mmの撮影をするとかなりの広範囲で撮影が可能です。

 広角レンズの特徴として、「手前のものはより大きく、遠くのものはより小さく写せる」という点があります。遠近感が強くなるわけです。
 この特徴が、店舗内の撮影において広く見せられる仕掛けになります。

屋外撮影に関しても 屋外撮影に関しても広角レンズを利用することで、いいあんばいでの写真が撮れた。


 と言うことで、北九州のソウルフード お好み焼き なにわ のホームページ制作を実施しました。

SEO対策でのE-A-T

SEO対策でのE-A-T


最近のGoogle様

最近のGoogle様のSEO対策の中心となっているWordがE-A-T。
 Google様が認める「高品質なコンテンツが存在すること」の要素がE-A-Tです。

E-A-Tとは


  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trustworthiness(信頼性)

検索順位への影響として、この3つを重視すると言うことです。

サイト制作で考えるべき事

このE-A-Tの判断は当たり前ですが、サイト単位(URL単位)で行われる形になります。サイトのブランディングが重要になってくると考えます。
 あと、SEO的に重要なのは「検索されたワードで適切な情報が表示され、その解決策がわかりやすく掲示してある」ようにページを構成することが大事になります。

 現在は外部からの被リンクの価値が大幅に下がってしまっているので、サイトの価値を高めることが一番のSEO対策に繋がります。

E-A-Tを高めるために

E-A-Tを高めるためには狙ったキーワードでの「専門性」の高い記事を書いていくことが重要になります。
 狙ったキーワードでの関連記事を多数書くことで、そのサイトの専門性が高まります。

 専門性が高まってくると、そこに信頼性が高まり、権威性が高まってくると言う流れができあがります。

関連記事のネタ

関連記事のネタに関してはGoogle検索の窓に狙ったキーワードの後ろにスペースを入れることでネタは拾えます。
 2Wordだけでなく、3Wordで書き続ける方が多くのネタを仕入れられます。

 とにかく、E-A-Tの高まるサイトを制作していきましょう。

コメント

このブログの人気の投稿

UTM(統合脅威管理)って邪魔で不要

AWSのS3をLinuxでマウントして、更にWindowsで利用

Google Maps APIの値上げ