ロシア訪問

イメージ
モスクワに行ってきました
 10月10日から14日までの3泊5日でモスクワに行ってきました。

 20年ぶりくらいの海外旅行。

旅程 初日 日本を午前10時頃に出発。エアロフロートで。現地時間で16時過ぎに空港着。
ちなみに日本とロシアの時差は6時間。飛行機に乗っている時間は約10時間です。
機内食はイマイチ。機内食を考えると、次回、行くことがあるならJALにしようと思う。

出口にて日本語のできるロシア人女性により、お迎えを受け、車でホテルへ。
道路混雑が激しく、ホテルに着いたのは19時前頃。
お迎えの女性によると、現在のモスクワはヨーロッパで一番交通混雑が激しい都市であるとのこと。

当日は雨も降っていて、軽く徒歩で外出してすぐにホテルに戻り就寝。

2日目 元々、お願いしていた現地コーディネータの方(片言の日本語が話せるロシア人)と車でお出かけ。仕事関係なので、内容は・・・・🆖
お昼に食べたうどんが・・・・激まず。 15時頃にホテルに戻り、また、お出かけ。
GoogleMapsを頼りに地下鉄にトライ。 地下鉄は地中深く、エスカレータが長くてかなり急な作り。 アルファベット表記もあるんで、それを頼りにガイドも無しで乗ってみました。
結構、簡単でした。GoogleMapsは乗るべき車両の位置、何駅目かの駅数、そして駅名を日本語名でも表記してくれて、問題なく動くことができました。

目的のお土産やさんでチョコレートの大量買いと、ホテルで飲むためのビールを購入。他にも少しだけケーキを購入しました。
ケーキは、、、、ちょっと日本の味とは違う感じ。
3日目 3日目は今回の旅行のお目当ての一つである「猫劇場」へ。 ひとまず、午前中はまた地下鉄に乗って、「赤の広場」へ。

それから、グム百貨店でランチ。 14時半にホテルに戻り、コーディネータの女性(アンナさん)と合流。 猫劇場の前に「アルバツカヤ」というモスクワの観光者向けの通りでお買い物。
猫も芸を仕込めると言うことに感動を覚えました。 ただ、猫劇場は小さな子どもがたくさん来てた。子ども向けの演劇です。
ロシア人の子どもの正義感が強く見られる演劇をやっていました。 多分、同じ演劇をしても、日本とは反応が違うような気がします。 4日目 最終日です。 最終日は日本で購入したSIMカードの通信量がオーバーしてしまい、外ではスマホが使え…

ブランディング塾を受講して

ブランディング

ブランディングとは「企業・事業者側」がこう思われたいという内容と「顧客・消費者」がこう思う、という事を一致させること。
 「企業・事業者側」はブランド要素を色々と構築し、ブランド体験させることで刺激を与え、「顧客・消費者」に反応を促す。

 ブランドを構築する大変さを痛感した次第。

ブランド要素

ブランド要素を構成するものには

  • ネーミング
  • ロゴマーク
  • キャッチコピー
  • キャラクター
  • パッケージ
という基本構成なものから、色や音楽、匂い、そしてドメイン(URL)までと色々と構成するものがあると。

ブランド体験

 ブランド体験は
最前線の従業員の15秒間の接客態度が、企業の成功を左右する。その15秒間を真実の瞬間という。 
という「ヤン・カールソン(スカンジナビア航空CEO」の言葉があるらしい。

 多くの「顧客接点」に共通するブランド・アイデンティティを構築することも大事。

ブランド構築のステップ

ブランドを作るステップ(戦略)

  1. 市場機会の発見(3C分析)
  2. 市場の細分化(セグメンテーション)
  3. 見込み客の選定(ターゲティング)
  4. 独自性の発見(ポジショニング)
  5. 価値の明文化(ブランド・アイデンティティー)

ブランドを伝えるステップ(戦術)

  1. 具体化(4P/4C)
  2. ブランド要素・ブランド体験(刺激の設計)
  3. 実行計画の策定
という流れで実施していくとのこと。

戦略作りから戦術展開という順を追って、やっていくと。

戦略を間違えると、価格競争に陥ったり、伸び悩んだりする。

これらの戦略・戦術作りも、弊社の事業として、お客様と一緒に考えられるようにやって行けたら良いのかとも思った次第。

コメント

このブログの人気の投稿

UTM(統合脅威管理)って邪魔で不要

AWSのS3をLinuxでマウントして、更にWindowsで利用

JellyfiSSHの設定など