reCAPTCHA v3をWordpressサイトに導入

イメージ
reCAPTCHA v3とは
reCAPTCHAは不正なアクセスをするbotプログラムなどからサイトを防御するために利用されている仕掛けです。
v2などでは、この機能を利用して、画像認識に役立てていました。

v3になって、人間の反応など不要で、AIを利用してサイトの悪用を防止するシステムに変わりました。
PCで閲覧した場合、右下に下のような画像が表示されるようになりました。


しかも、v2まではフォームやログイン画面などへのアクセスだけに設置して防いでいたのですが、全てのページに対して設置できるようです。

reCAPTCHA v3をWordpressのサイトに導入 今回、Wordpressのプラグインを利用して、reCAPTCHA v3をWordpressサイトに導入しました。
手順は超簡単 まず、下記のページからサイトを登録して、キーを取得します。 https://www.google.com/recaptcha/admin/create
適当にラベルを入力して、v3を選択。
ドメインを入力して、利用条件に同意した後に送信ボタンでキーは取得できます。

Wordpressのプラグインは https://ja.wordpress.org/plugins/advanced-nocaptcha-recaptcha/
これを利用しました。

導入して、v3を選んで、上で取得したキーを入力するだけです。

どこで検証するか?という部分に関しては
こんな感じでチェックを入れました。

他はデフォルトのままです。

簡単でした。

導入後は管理画面で状況閲覧が可能です。
問題点 tokenを発行して処理されているんですが、5分程度の時間しか無いようです。 ということは、入力に時間がかかる場合はtimeoutの危険が増します。
管理画面上で、有効時間を延ばす術は無い模様。

ディスプレイ広告の再現頻度

 Googleのディスプレイ広告、最近は検索を通じなくてもそのサイトを訪れたことがあれば頻繁に広告が出現する。

 最近の私の場合、自宅のトイレのライトが点かなくなったのですが、電灯が悪いのでなくスイッチが悪いのが原因でした。
 ハンズマンに行って、スイッチだけ購入してきて自分で付け替えをしようと思いまして、付替えの説明がのっているサイトを検索。

 便利な世の中です。やり方がYoutubeにアップされてたりして、よくわかりました。

 で、検索の際にその作業をやるためには「電気工事士」なる資格が必要とのこと。電気工事士の資格を色々と調べていたら「ユーキャン」のサイトが出てきました。
 30秒位眺めて、閉じたんですが、それからは下のような広告が頻繁に出現。
ちゃんと、「第二種電気工事士」の資格へのアピールです。
 ユーキャンなどは数ある資格ごとにこのような画像を準備して、誘導を促しているんでしょうね。
 さらに、画像サイズも複数のパターンで用意しているのでしょう。

 すごいです。

 電気工事士は実技試験もあるらしく、元来、ぶきっちょな私にとっては難関資格。確かに、電気工事士の資格を取得すれば、お客様のところの館内電気工事なども出来るようにはなるんでしょう。

 ただ、電気工事士が作業する時は電気が通ってない場所への配線や、通っていてもブレーカーを落としたりするでしょうから、冷暖房がない場合があったりしそうで意外と辛い仕事かもしれません。

コメント

このブログの人気の投稿

UTM(統合脅威管理)って邪魔で不要

AWSのS3をLinuxでマウントして、更にWindowsで利用

巡回頻度を上げるぞ