reCAPTCHA v3をWordpressサイトに導入

イメージ
reCAPTCHA v3とは
reCAPTCHAは不正なアクセスをするbotプログラムなどからサイトを防御するために利用されている仕掛けです。
v2などでは、この機能を利用して、画像認識に役立てていました。

v3になって、人間の反応など不要で、AIを利用してサイトの悪用を防止するシステムに変わりました。
PCで閲覧した場合、右下に下のような画像が表示されるようになりました。


しかも、v2まではフォームやログイン画面などへのアクセスだけに設置して防いでいたのですが、全てのページに対して設置できるようです。

reCAPTCHA v3をWordpressのサイトに導入 今回、Wordpressのプラグインを利用して、reCAPTCHA v3をWordpressサイトに導入しました。
手順は超簡単 まず、下記のページからサイトを登録して、キーを取得します。 https://www.google.com/recaptcha/admin/create
適当にラベルを入力して、v3を選択。
ドメインを入力して、利用条件に同意した後に送信ボタンでキーは取得できます。

Wordpressのプラグインは https://ja.wordpress.org/plugins/advanced-nocaptcha-recaptcha/
これを利用しました。

導入して、v3を選んで、上で取得したキーを入力するだけです。

どこで検証するか?という部分に関しては
こんな感じでチェックを入れました。

他はデフォルトのままです。

簡単でした。

導入後は管理画面で状況閲覧が可能です。
問題点 tokenを発行して処理されているんですが、5分程度の時間しか無いようです。 ということは、入力に時間がかかる場合はtimeoutの危険が増します。
管理画面上で、有効時間を延ばす術は無い模様。

プログラミングには不向きな人がいる

 これは私の持論でもあるんですが、
「プログラムをいくら体系だって教えても、理解するのに人の10倍以上の時間がかかる人がいる。そして、その人はプログラマーには向いていない。」

 それでもって、さらに、上記のような人は全体の50%を超える割合でいると思ってます。

 この持論は新社会人として、会社からシステム関係の教育を受け始め、3ヶ月ほどで確信しました。

 「頭のいい、悪い」「成績のいい、悪い」に関係なく、できない人はできない。理由はわかりません。ただ、ひとつ言えるのは体系的に学ぶことで、「できたように見える」場合もあります。

 でもって、「できたように見える」場合は結構、難儀です。
 プログラムの文法はマスターしてるものの、ロジカルな思考ができてない場合があります。この場合はループ処理が苦手な人が多い感覚です。5回同じ処理なら、4回コピペして、書き換えたプログラムが出来上がります。
 注意して、説明してもケースが少し変わるだけで同じことを繰り返します。

 加えて、ロジックを組み立てることが苦手ですから、少し変わった処理になると何日も考えるだけで終わる日が出てきます。生産性、ガタ落ちです。

 私は向いてない人にプログラムを指導するのをヤメてます。最初の数日間は頑張って色々と指導しますが、向いてない人にプログラムを頑張って覚えてもらって辛い思いをさせるよりも、向いている仕事の方を伸ばして頑張ってもらう方が経営的にも数倍価値が高まると思ってます。

 でもって、できるプログラマーの中にはこの「向いてない人」が理解できない場合があって、そこをまた、どう指導するかも悩みになったりします。

 

コメント

このブログの人気の投稿

UTM(統合脅威管理)って邪魔で不要

AWSのS3をLinuxでマウントして、更にWindowsで利用

巡回頻度を上げるぞ