reCAPTCHA v3をWordpressサイトに導入

イメージ
reCAPTCHA v3とは
reCAPTCHAは不正なアクセスをするbotプログラムなどからサイトを防御するために利用されている仕掛けです。
v2などでは、この機能を利用して、画像認識に役立てていました。

v3になって、人間の反応など不要で、AIを利用してサイトの悪用を防止するシステムに変わりました。
PCで閲覧した場合、右下に下のような画像が表示されるようになりました。


しかも、v2まではフォームやログイン画面などへのアクセスだけに設置して防いでいたのですが、全てのページに対して設置できるようです。

reCAPTCHA v3をWordpressのサイトに導入 今回、Wordpressのプラグインを利用して、reCAPTCHA v3をWordpressサイトに導入しました。
手順は超簡単 まず、下記のページからサイトを登録して、キーを取得します。 https://www.google.com/recaptcha/admin/create
適当にラベルを入力して、v3を選択。
ドメインを入力して、利用条件に同意した後に送信ボタンでキーは取得できます。

Wordpressのプラグインは https://ja.wordpress.org/plugins/advanced-nocaptcha-recaptcha/
これを利用しました。

導入して、v3を選んで、上で取得したキーを入力するだけです。

どこで検証するか?という部分に関しては
こんな感じでチェックを入れました。

他はデフォルトのままです。

簡単でした。

導入後は管理画面で状況閲覧が可能です。
問題点 tokenを発行して処理されているんですが、5分程度の時間しか無いようです。 ということは、入力に時間がかかる場合はtimeoutの危険が増します。
管理画面上で、有効時間を延ばす術は無い模様。

JellyfiSSHの設定など

たくさんのサーバー管理をやってる上で、すでに欠かせない存在になってる「JellyfiSSH」の設定をご紹介。


メイン機能
Bookmark Title: 自分が認識できるわかりやすいサーバー名を
Host or IP: ホスト名もしくはIPアドレスを入力
Port: サーバーによってPort番号を22から変更している場合に変更
Login name: ログインのユーザー名
Shell: シェル
Connection Type: sshのバージョンや暗号化方式の設定など
Member of Group: ホストごとにグループ分け出来る機能
(※薄い字はデフォルトをそのまま活用)

Terminal Setting機能
個人的にはこの部分の機能があるから手放せないです。
WidthとHeight: ウィンドウの大きさ設定
Text ColorとBackground: 文字色と背景色
Font: フォントの種類とサイズ
Transparency: 透明度
Background Image: 背景画像
Encoding: サーバー文字コード設定
Declare as: ???使ったことありません。

特に私が重宝しているのは「Text ColorとBackground」と「Encoding」。

サーバーごとに色を変更して、わかりやすくしてます。
また、未だにEUC-JPの文字コードのサーバーが有りますので、そのサーバーを利用する際にはUTF-8から変更してます。

あと、パスワードを記憶させる機能もあって、パスワード管理もこいつに任せております。

さらに、SSH Optionの機能の部分

SSHのトンネル設定も設定できます。
トンネル元の接続をメイン側に記述して、トンネル先(最終目的地)の設定をこの「Define Tunnels」に記述してあげます。

Custom Optionで自由にオプション設定できるので、秘密鍵方式のログインの場合はここに設定を記述する形になります。

20台以上のサーバー管理をする上では、既に欠かせないツールとなってます。

今日現在、400円で販売されてますが、私にとっては十分なパフォーマンスです。

コメント

このブログの人気の投稿

UTM(統合脅威管理)って邪魔で不要

AWSのS3をLinuxでマウントして、更にWindowsで利用

巡回頻度を上げるぞ