ロシア訪問

イメージ
モスクワに行ってきました
 10月10日から14日までの3泊5日でモスクワに行ってきました。

 20年ぶりくらいの海外旅行。

旅程 初日 日本を午前10時頃に出発。エアロフロートで。現地時間で16時過ぎに空港着。
ちなみに日本とロシアの時差は6時間。飛行機に乗っている時間は約10時間です。
機内食はイマイチ。機内食を考えると、次回、行くことがあるならJALにしようと思う。

出口にて日本語のできるロシア人女性により、お迎えを受け、車でホテルへ。
道路混雑が激しく、ホテルに着いたのは19時前頃。
お迎えの女性によると、現在のモスクワはヨーロッパで一番交通混雑が激しい都市であるとのこと。

当日は雨も降っていて、軽く徒歩で外出してすぐにホテルに戻り就寝。

2日目 元々、お願いしていた現地コーディネータの方(片言の日本語が話せるロシア人)と車でお出かけ。仕事関係なので、内容は・・・・🆖
お昼に食べたうどんが・・・・激まず。 15時頃にホテルに戻り、また、お出かけ。
GoogleMapsを頼りに地下鉄にトライ。 地下鉄は地中深く、エスカレータが長くてかなり急な作り。 アルファベット表記もあるんで、それを頼りにガイドも無しで乗ってみました。
結構、簡単でした。GoogleMapsは乗るべき車両の位置、何駅目かの駅数、そして駅名を日本語名でも表記してくれて、問題なく動くことができました。

目的のお土産やさんでチョコレートの大量買いと、ホテルで飲むためのビールを購入。他にも少しだけケーキを購入しました。
ケーキは、、、、ちょっと日本の味とは違う感じ。
3日目 3日目は今回の旅行のお目当ての一つである「猫劇場」へ。 ひとまず、午前中はまた地下鉄に乗って、「赤の広場」へ。

それから、グム百貨店でランチ。 14時半にホテルに戻り、コーディネータの女性(アンナさん)と合流。 猫劇場の前に「アルバツカヤ」というモスクワの観光者向けの通りでお買い物。
猫も芸を仕込めると言うことに感動を覚えました。 ただ、猫劇場は小さな子どもがたくさん来てた。子ども向けの演劇です。
ロシア人の子どもの正義感が強く見られる演劇をやっていました。 多分、同じ演劇をしても、日本とは反応が違うような気がします。 4日目 最終日です。 最終日は日本で購入したSIMカードの通信量がオーバーしてしまい、外ではスマホが使え…

JellyfiSSHの設定など

たくさんのサーバー管理をやってる上で、すでに欠かせない存在になってる「JellyfiSSH」の設定をご紹介。


メイン機能
Bookmark Title: 自分が認識できるわかりやすいサーバー名を
Host or IP: ホスト名もしくはIPアドレスを入力
Port: サーバーによってPort番号を22から変更している場合に変更
Login name: ログインのユーザー名
Shell: シェル
Connection Type: sshのバージョンや暗号化方式の設定など
Member of Group: ホストごとにグループ分け出来る機能
(※薄い字はデフォルトをそのまま活用)

Terminal Setting機能
個人的にはこの部分の機能があるから手放せないです。
WidthとHeight: ウィンドウの大きさ設定
Text ColorとBackground: 文字色と背景色
Font: フォントの種類とサイズ
Transparency: 透明度
Background Image: 背景画像
Encoding: サーバー文字コード設定
Declare as: ???使ったことありません。

特に私が重宝しているのは「Text ColorとBackground」と「Encoding」。

サーバーごとに色を変更して、わかりやすくしてます。
また、未だにEUC-JPの文字コードのサーバーが有りますので、そのサーバーを利用する際にはUTF-8から変更してます。

あと、パスワードを記憶させる機能もあって、パスワード管理もこいつに任せております。

さらに、SSH Optionの機能の部分

SSHのトンネル設定も設定できます。
トンネル元の接続をメイン側に記述して、トンネル先(最終目的地)の設定をこの「Define Tunnels」に記述してあげます。

Custom Optionで自由にオプション設定できるので、秘密鍵方式のログインの場合はここに設定を記述する形になります。

20台以上のサーバー管理をする上では、既に欠かせないツールとなってます。

今日現在、400円で販売されてますが、私にとっては十分なパフォーマンスです。

コメント

このブログの人気の投稿

UTM(統合脅威管理)って邪魔で不要

AWSのS3をLinuxでマウントして、更にWindowsで利用

Google Maps APIの値上げ