reCAPTCHA v3をWordpressサイトに導入

イメージ
reCAPTCHA v3とは
reCAPTCHAは不正なアクセスをするbotプログラムなどからサイトを防御するために利用されている仕掛けです。
v2などでは、この機能を利用して、画像認識に役立てていました。

v3になって、人間の反応など不要で、AIを利用してサイトの悪用を防止するシステムに変わりました。
PCで閲覧した場合、右下に下のような画像が表示されるようになりました。


しかも、v2まではフォームやログイン画面などへのアクセスだけに設置して防いでいたのですが、全てのページに対して設置できるようです。

reCAPTCHA v3をWordpressのサイトに導入 今回、Wordpressのプラグインを利用して、reCAPTCHA v3をWordpressサイトに導入しました。
手順は超簡単 まず、下記のページからサイトを登録して、キーを取得します。 https://www.google.com/recaptcha/admin/create
適当にラベルを入力して、v3を選択。
ドメインを入力して、利用条件に同意した後に送信ボタンでキーは取得できます。

Wordpressのプラグインは https://ja.wordpress.org/plugins/advanced-nocaptcha-recaptcha/
これを利用しました。

導入して、v3を選んで、上で取得したキーを入力するだけです。

どこで検証するか?という部分に関しては
こんな感じでチェックを入れました。

他はデフォルトのままです。

簡単でした。

導入後は管理画面で状況閲覧が可能です。
問題点 tokenを発行して処理されているんですが、5分程度の時間しか無いようです。 ということは、入力に時間がかかる場合はtimeoutの危険が増します。
管理画面上で、有効時間を延ばす術は無い模様。

HTC U12+の使用雑感

HTC U12+ をAmazonで購入


購入日は8月29日。31日に手元に届いた。
まず、スマホとして使い始めるまでに苦労したものの、現在は順調に利用しています。

ハードウェア性能

CPUに「Snapdragon 845」を利用しているため、快適。
RAM容量も6Gで、従来のXperiaXZの3Gから倍増!!
ROM容量に至っては128Gもある。Xperiaが32Gだったので、こちらは4倍増!
そして、電池容量もXperiaの2900mAhから3500mAhへ。ただ、これはCPUの消費電力も上がっているだろうから、利用時間に関してどうなるかと言えば、同じくらいな感覚。

ただ、まだ新しいからかもしれないが、充電にかかる時間は早く感じる。

カメラ性能

これには、幾つか不満がある。前面・背面ともにダブルレンズ。解像度はXperiaは有効画素数約2300万画素に対して、HTCは16Mピクセルという表記しかない。センサー側の有効画素数がわからない。
 良いところはプロモードで撮影した際にRAW画像での保管もされるところ。

写真の質

 写真の質もイマイチ。両方ともプロモードで撮影した後、上はRAW画像を私がソフトウェアで加工したもの。下はスマホが標準出力したJPEG画像。

 とにかく、ホワイトバランスが悪い場合が多い。
 これは、カメラを作っているSONYとスマホメーカーの差?センサー部分の性能が悪いんだと思う。
 ピントに関しても、イマイチ、クリアに合わないことも多く、細かな画質を比べた時もXperiaの圧勝だと思う。

 ビデオはまだあまり撮影してないから、まだ、わからない。Xperiaはよく熱で撮影できないことも多かったので、そういうのがないとうれしいんだけど。
 4K動画がXperiaは撮影できたが、別に4Kの動画に関しては必要性をまだ感じていないからなぁ。発熱もひどかったし。

音楽

 HTC U12+にはイヤフォンジャックはない。標準でUSB-TypeCにて利用できるイヤフォンは付いてくる。しかも、肩書き通りであれば、高音質(ハイレゾ)対応らしい。
 でも、ハイレゾ対応のBluetoothヘッドフォンを持っているので、そこは利用していない。
 私の耳では十分に満足できる音質で提供してくれる。

その他

 指紋認証は私のXperiaに慣れた握り方では使いにくいけど、これは慣れの問題か?
 別に顔認証も付いているんで、操作感は悪くない。
 問題なく、おサイフケータイも利用できている。
 あと、Xperiaに比べて発熱がない感じはいいとこですね。
 

総評

今のところ、概ね満足はしているけど、Xperia含め、良い機種が出たら乗り換えそうだ。
 ただ、先日発表されたXperia XZ3には魅力を感じていない。XZ3よりもこの機種の方がRAMもROMも容量が大きい。
 ROMサイズが128Gもあると、容量不足には当分悩まなくて良いと信じたい。

コメント

このブログの人気の投稿

UTM(統合脅威管理)って邪魔で不要

AWSのS3をLinuxでマウントして、更にWindowsで利用

巡回頻度を上げるぞ