reCAPTCHA v3をWordpressサイトに導入

イメージ
reCAPTCHA v3とは
reCAPTCHAは不正なアクセスをするbotプログラムなどからサイトを防御するために利用されている仕掛けです。
v2などでは、この機能を利用して、画像認識に役立てていました。

v3になって、人間の反応など不要で、AIを利用してサイトの悪用を防止するシステムに変わりました。
PCで閲覧した場合、右下に下のような画像が表示されるようになりました。


しかも、v2まではフォームやログイン画面などへのアクセスだけに設置して防いでいたのですが、全てのページに対して設置できるようです。

reCAPTCHA v3をWordpressのサイトに導入 今回、Wordpressのプラグインを利用して、reCAPTCHA v3をWordpressサイトに導入しました。
手順は超簡単 まず、下記のページからサイトを登録して、キーを取得します。 https://www.google.com/recaptcha/admin/create
適当にラベルを入力して、v3を選択。
ドメインを入力して、利用条件に同意した後に送信ボタンでキーは取得できます。

Wordpressのプラグインは https://ja.wordpress.org/plugins/advanced-nocaptcha-recaptcha/
これを利用しました。

導入して、v3を選んで、上で取得したキーを入力するだけです。

どこで検証するか?という部分に関しては
こんな感じでチェックを入れました。

他はデフォルトのままです。

簡単でした。

導入後は管理画面で状況閲覧が可能です。
問題点 tokenを発行して処理されているんですが、5分程度の時間しか無いようです。 ということは、入力に時間がかかる場合はtimeoutの危険が増します。
管理画面上で、有効時間を延ばす術は無い模様。

未経験プログラマーの育成方法

 今日は珍しく新幹線に乗っての出張。

 ちょい、忙しい中、辛いところではあるけれども、会ってのお仕事は信頼関係を築く上で大事なことだと思ってます。
 現在、開発中のシステムは入力項目が異常に多いので、そのInterface周りで大きく時間をとられつつ、苦しんでいます。

 最近、未経験の若手に対して、プログラム開発の指導をするに当たり、私の隣に座ってもらいながら、私が書くコードを解説付きで説明しながらの開発作業を実施しています。
 このやり方のメリットは私自身もサボらずに、集中して開発できること。2人の目で見ることでしょうもないスペルミスが防げること。開発しながら、ロジックの説明やらバグ取りのやり方を実地で実践できることなどが挙げられます。

 まだ、何もベースがない中で、実践のプログラム開発に触れるというこのやり方をすることは私自身も初体験ですが、自身が出すバグや文法ミスなどをどのように解決していくかの過程を見せられることが非常に有用だと考えています。
 未経験や駆け出しのプログラマーにとって、デバッグのやり方が一番の課題と考えているからです。
 
 また、フロントエンドの開発に対して、どんな点に注意する必要があるかなどを解説しながら指導できるのも大事です。

 さてさて、この効果はいつ頃から見せてくれるでしょうか??

コメント

このブログの人気の投稿

UTM(統合脅威管理)って邪魔で不要

AWSのS3をLinuxでマウントして、更にWindowsで利用

巡回頻度を上げるぞ