Dropbox API を利用してPHPでVPSサーバーのバックアップ手順

イメージ
VPSのバックアップをどこにとるか?
 VPSサーバーには提供者側からバックアップの仕掛けが用意されていません。そう考えると、バックアップをどこかに取得する必要があります。
 以前は、違うブランドのVPSサーバーを借りて、そことrsyncさせる方法をとっていました。

 ただ、この方法だと弊社のサーバー管理方法では、一括バックアップを取得しようとするとrootアカウントでやり取りすることになってしまい、気持ち悪さを感じていました。

 今回、このブログで初めてコード埋込を実施しました。下記URLを参考にコード埋込をできるようにしました。
https://qiita.com/piro_erdes/items/f133e170a8cf6c10b449

Dropbox API 活用  Dropbox APIを利用することでVPSサーバー内のプログラムを使って、Dropboxへ転送してます。
 弊社の場合、Dropbox Business Advancedを利用していますので、容量無制限でアップで利用できます。
 Dropboxを利用することで、世代管理も自動でやってくれます。  また、APIコール数も月間で100万まで大丈夫のようです。 CURLを活用  基本はCURLの機能で実現していますので、タイトルにPHPと入れていますが、基本的には特別なSDKなどは不要で、応用すれば他の言語でも可能だと思います。
Dropbox APIのAPP作成 手順1 まず、Dropbox APIを利用するためには https://www.dropbox.com/developers/ へアクセスして、右上にある「App console」ボタンを押します。 ログインしてない場合はログインを促されます。 手順2 Create app のボタンを押します。 すると、下記の様な画面が出てきます。 Businessアカウントなので、右にDropbox Business APIの選択肢も出てきますが、Business APIは「管理機能」での利用なので、今回は左側の普通のDropbox APIを選択します。 手順3 続いて、下記の選択をしますが、今回はバックアップというかuploadの機能だけですので、App folderだけで大丈夫と思います。 手順4 Name your appに名前を入れます。 なん…

SONYのDSC-QX30を購入してみた

 先週、SONYのレンズタイプのデジカメDSC-QX30を購入した。

 購入前はレンズ付け替えタイプのDSC-QX1にもかなり惹かれはしたが、レンズ付け替えタイプのカメラを買うなら普通のタイプがいいかと思って、QX30を選択。

 でもって、スマホにGooglePlayから「PlayMemories」をダウンロード。このアプリを利用して、カメラへ接続。
 接続設定はNFCを利用して、一発で設定できた。(NFCはここしか使わない)


 でもって、数日間利用した感想。

 カメラを使えるようになるまでの手間はうざい。まあ、、、、仕方ない面もある。
 カメラが使えるようになるまで、

カメラの電源On→スマホのアプリ起動→WiFi探索〜接続
という手順を踏む。

 1分はかかる計算。
 ちょっと、これはショック。もっと気軽に使いたい。ただ、仕掛け上、、、限界か?

 でもって、画質。
 これは、カメラをある程度、固定した上で望遠撮影。シャッターはスマホ側。

 こっちは左手にカメラを持って、望遠させつつ、右手でスマホを操作しての撮影。

 手ぶれ補正は結構、優秀。綺麗に撮れる。
 下は同じ状態で、さらに拡大。

 でもって、暗所撮影もトライ。寝室の豆電球下での撮影。

 スマホ(Xperia Z3)のほうが少し性能が良さげです。

コメント

このブログの人気の投稿

UTM(統合脅威管理)って邪魔で不要

巡回頻度を上げるぞ

富山大学感染予防医学講座