Dropbox API を利用してPHPでVPSサーバーのバックアップ手順

イメージ
VPSのバックアップをどこにとるか?
 VPSサーバーには提供者側からバックアップの仕掛けが用意されていません。そう考えると、バックアップをどこかに取得する必要があります。
 以前は、違うブランドのVPSサーバーを借りて、そことrsyncさせる方法をとっていました。

 ただ、この方法だと弊社のサーバー管理方法では、一括バックアップを取得しようとするとrootアカウントでやり取りすることになってしまい、気持ち悪さを感じていました。

 今回、このブログで初めてコード埋込を実施しました。下記URLを参考にコード埋込をできるようにしました。
https://qiita.com/piro_erdes/items/f133e170a8cf6c10b449

Dropbox API 活用  Dropbox APIを利用することでVPSサーバー内のプログラムを使って、Dropboxへ転送してます。
 弊社の場合、Dropbox Business Advancedを利用していますので、容量無制限でアップで利用できます。
 Dropboxを利用することで、世代管理も自動でやってくれます。  また、APIコール数も月間で100万まで大丈夫のようです。 CURLを活用  基本はCURLの機能で実現していますので、タイトルにPHPと入れていますが、基本的には特別なSDKなどは不要で、応用すれば他の言語でも可能だと思います。
Dropbox APIのAPP作成 手順1 まず、Dropbox APIを利用するためには https://www.dropbox.com/developers/ へアクセスして、右上にある「App console」ボタンを押します。 ログインしてない場合はログインを促されます。 手順2 Create app のボタンを押します。 すると、下記の様な画面が出てきます。 Businessアカウントなので、右にDropbox Business APIの選択肢も出てきますが、Business APIは「管理機能」での利用なので、今回は左側の普通のDropbox APIを選択します。 手順3 続いて、下記の選択をしますが、今回はバックアップというかuploadの機能だけですので、App folderだけで大丈夫と思います。 手順4 Name your appに名前を入れます。 なん…

mod_pagespeedを久しぶりに見直し

 弊社の運営管理するサイトの幾つかには、Googleが提供するmod_pagespeedを利用しています。

 弊社はWordpressは利用せずにサイトの構築を実施することがほとんどな上に、共用サーバーは利用せずに主にVPSサーバーを利用しています。
 サーバー管理系のソフトウェアなども利用していません。基本はターミナルソフトによるコマンドでの管理を実施しています。
 このような管理方法は手間もかかり、スキルも必要ですが、シンプルな構成になる上、余計なプロセスも走らずセキュリティ的にもスキルさえあれば安全と考えています。
加えて、詳細な設定なども可能ですので、お客様の難しい要望にも応えられます。

 本題に戻ります。

 昨日から今日にかけて、久しぶりに各サイトに設定しているmod_pagespeedの見直しを実施しました。
 実施した内容としましては、各サイトで個別に設定しやすくしました。

 元々、mod_pagespeedは各VirtualHost内でon/offの切り替えを実施しつつ運用はしていましたが、今回はonで運用しているサイトの記述に
ModPagespeedRewriteLevel PassThrough
と記述して、個別設定ができるように変更しました。

 また、その個別設定もFilterを1行1つで設定して、コメントアウトしやすく書き換えるという作業を実施。

 さらに、色々と問題が起きていた「rewrite_images」のFilterを一部サイトでEnableにしてみました。

 これで、しばらく様子を見ていこうと思ってます。

コメント

このブログの人気の投稿

UTM(統合脅威管理)って邪魔で不要

巡回頻度を上げるぞ

富山大学感染予防医学講座