reCAPTCHA v3をWordpressサイトに導入

イメージ
reCAPTCHA v3とは
reCAPTCHAは不正なアクセスをするbotプログラムなどからサイトを防御するために利用されている仕掛けです。
v2などでは、この機能を利用して、画像認識に役立てていました。

v3になって、人間の反応など不要で、AIを利用してサイトの悪用を防止するシステムに変わりました。
PCで閲覧した場合、右下に下のような画像が表示されるようになりました。


しかも、v2まではフォームやログイン画面などへのアクセスだけに設置して防いでいたのですが、全てのページに対して設置できるようです。

reCAPTCHA v3をWordpressのサイトに導入 今回、Wordpressのプラグインを利用して、reCAPTCHA v3をWordpressサイトに導入しました。
手順は超簡単 まず、下記のページからサイトを登録して、キーを取得します。 https://www.google.com/recaptcha/admin/create
適当にラベルを入力して、v3を選択。
ドメインを入力して、利用条件に同意した後に送信ボタンでキーは取得できます。

Wordpressのプラグインは https://ja.wordpress.org/plugins/advanced-nocaptcha-recaptcha/
これを利用しました。

導入して、v3を選んで、上で取得したキーを入力するだけです。

どこで検証するか?という部分に関しては
こんな感じでチェックを入れました。

他はデフォルトのままです。

簡単でした。

導入後は管理画面で状況閲覧が可能です。
問題点 tokenを発行して処理されているんですが、5分程度の時間しか無いようです。 ということは、入力に時間がかかる場合はtimeoutの危険が増します。
管理画面上で、有効時間を延ばす術は無い模様。

ホームページ制作の費用

よく言われることは、ホームページ制作の費用がよくわからないということ。

先日は首相官邸のホームページの価格が高いの安いのという話が出ていました。

つまるところ、ホームページ制作費用は人件費と技術料って形なんだと思います。

人件費もまた曖昧で、すぐれたクリエイターは高いのか?というとそうでもないでしょうし、難しい問題でもあります。

ただ、一言で「ホームページ」または「Webサイト」という言い方で片付けてしまえば、それでおしまいですが、その中身は千差万別あります。

Webサイトとしての機能が色々盛り込まれたサイトもあれば、製作過程において、色々な取材を必要とするサイトもあるでしょう。
単純にページを閲覧するだけのサイトにおいても、そのページに行き着くまでに色々な工程を踏む必要がある場合もあれば、多数の情報を整理する過程が必要な場合、権利関係の整理をした上で掲載する必要があるなど多くの工数がかかる場合もあります。

ページを制作したい人の情報整理をうまくしてあげた上で、コンテンツを引き出してあげたり、そのヒントを提示してあげたりなど俗に言う「コンサルティング」な費用が発生する場合も多々あるでしょう。

単純に見えるサイトにおいても、実はバックエンドで色々な仕掛けが動いている場合もあったりです。

それらを踏まえて、「経営」として、各ホームページの制作会社が制作単価を決めているものだと思われます。

弊社がサービスしている「美容室・ネイルサロン向けホームページ制作」は上記のコンサルティングをパッケージとしてテンプレート化して、費用を落としたサービスというわけです。

コメント

このブログの人気の投稿

UTM(統合脅威管理)って邪魔で不要

AWSのS3をLinuxでマウントして、更にWindowsで利用

巡回頻度を上げるぞ