SONYのDSC-QX30を購入してみた

 先週、SONYのレンズタイプのデジカメDSC-QX30を購入した。

 購入前はレンズ付け替えタイプのDSC-QX1にもかなり惹かれはしたが、レンズ付け替えタイプのカメラを買うなら普通のタイプがいいかと思って、QX30を選択。

 でもって、スマホにGooglePlayから「PlayMemories」をダウンロード。このアプリを利用して、カメラへ接続。
 接続設定はNFCを利用して、一発で設定できた。(NFCはここしか使わない)


 でもって、数日間利用した感想。

 カメラを使えるようになるまでの手間はうざい。まあ、、、、仕方ない面もある。
 カメラが使えるようになるまで、

カメラの電源On→スマホのアプリ起動→WiFi探索〜接続
という手順を踏む。

 1分はかかる計算。
 ちょっと、これはショック。もっと気軽に使いたい。ただ、仕掛け上、、、限界か?

 でもって、画質。
 これは、カメラをある程度、固定した上で望遠撮影。シャッターはスマホ側。

 こっちは左手にカメラを持って、望遠させつつ、右手でスマホを操作しての撮影。

 手ぶれ補正は結構、優秀。綺麗に撮れる。
 下は同じ状態で、さらに拡大。

 でもって、暗所撮影もトライ。寝室の豆電球下での撮影。

 スマホ(Xperia Z3)のほうが少し性能が良さげです。

コメント

このブログの人気の投稿

巡回頻度を上げるぞ

プログラミングには不向きな人がいる

AWSのS3をLinuxでマウントして、更にWindowsで利用