投稿

ネットショップをやるのにWeb制作以外に必要なこと

イメージ
先日、突然、電話による問い合わせでネットショップをやりたいからというお電話を頂きました。
 福岡の人で、全く面識のない方からです。

 何を売りたいか?なども含めて、よければお会いしてお話ししませんか?とお誘いして会いました。

 お話ししながら私自身、気づいたことがいくつかありましたので、そのまとめです。

ネットショップを開く方法は多種多彩 現在、ネットショップを開こうと思った際にアダルト商材などの微妙な商品以外は多種多彩な方法があります。
 弊社が経験した中から選択すると一番安価に始められるのはやっぱり「Yahooショッピング」。ひとまず、初期費用及び月額費用無料で始められます。Tポイント原資といわれる売上に対する2.5%、アフィリエイト原資が最低1%がかかる費用。これに少しの手数料が発生します。

 基本的に売上歩率なのでかなり、リスクが少ない。
 10万円売り上げて、5600円程度。

 次に商材が限られますが、Amazonの小口出品という方法もあります。こちらも出店料はないものの100円+10〜15%程度の手数料。
 10〜15%の手数料ですが、クレジット手数料など回収の責任をAmazonが持ってくれることを考えれば安いのかと。

 楽天も一応、候補としていいかもしれません。最近はただ、どうなのかなぁ?

 他にカラーミーショップやMakeshopのGMO系列のネットショップがあります。こちらは基本料金がカラーミーで900円〜。もちろん、売上歩率などはありません。
 しかし、こちらはクレジットでのお支払いをする場合、その契約なども必要になります。そして、そこでまた月額固定費などは発生します。

配送手段の確保 配送をバカにしてはいけません。
 最近はヤマト運輸が値上げしようとされているニュースがたまに出てきますが、配送費はそれなりの割合を占めます。
 更に毎日3万円の売上、客単価が3000円の場合で1日の荷物は10個。10個の包装〜配送の作業が発生します。週末2日間のお休みをすると、30個。それなりの作業が発生です。

 あと、代引きの契約なども場合によっては発生します。

クレジット契約 支払いでクレジットカードの利用ができるようにするのは物販のネットショップの場合は必須でしょう。
 そこにまた販売手数料、月額基本料など発生してきます。

Paypalの活用 実はPa…

Bloggerがとうとうレスポンシブデザイン対応の標準テンプレートを実装

イメージ
Bloggerがとうとうレスポンシブデザイン対応の標準テンプレートを作成してくれました。

 これで、やっと、カスタマイズする際の選択肢も増えてくる。

 今までは、レスポンシブ非対応なんで、カスタマイズに関してはつらいもんがありましたが、これからはレスポンシブ対応のテンプレートからのカスタマイズ。

 Bloggerのカスタマイズ、承りますよ。(※有料)

Instagram APIを利用したサイト制作

イメージ
この度、Instagram APIを利用して、「美容室・ネイルサロン向けホームページ制作」の新サービスをリリースしました。



 美容室様、ネイルサロン様の多くはInstagramを活用した作品紹介をされています。それを、ホームページ上で簡単に見られるようにサービスを開発しました。

 Instagramへ投稿すれば、自動で自店のWebサイトへ掲載される様に設定できます。

 トップページへは最新の8枚。ギャラリーページへは最新の20枚のみの場合と、最大200枚の写真表示が可能になるという形で提供させていただきます。

 InstagramをWebサイトに掲載することで、WebサイトからInstagramへ誘導もでき、フォロワーを獲得することでプッシュ型の情報発信へも繋がっていきます。
 SNSを活用する一番のポイントはプッシュ型の情報発信ができるようになるということです。

 弊社が運営代行させていただいています他サイトでも問題なく掲載可能ですので、お問い合わせください。


GPS捜査は強制捜査

イメージ
最高裁判所でGPSを利用した捜査を令状とらずにやるのは違法との判断が出ました。

 令状とっても、相手の許諾無しに勝手にやるのも違法。
 結局、現在の法律では絶対に違法だから、新しく法律作りましょうって言うことらしいです。

 ここで、気になったことが。

 Android携帯を利用していると、自分のGoogleアカウントを通して、GoogleMapsに勝手に履歴が残って行ってます。
 何時何分にどこどこにいて、何分まで滞在して、移動したなどの情報が結構克明に残っています。

 この情報を利用すれば、ブラック企業に勤める社員はどれだけ会社に滞在していたかを簡単に証明できます。残業代請求には絶大なパワーを持った証拠と言えるかもしれません。

 一方で、新しく作られる法律でこの証拠を警察が開示できるようになると、それはプライバシー丸裸!すごい個人情報を警察は握れます。

 GPS捜査は将来はGoogleに限らず、キャリア側で持っている情報でも位置情報が確認できる時代はすぐに来る可能性があります。

 なので、現時点で違法、今後できる新しい法律に関しても、結構な注意を払って成立を見守る必要があると感じています。



 iPhoneの「iPhoneをさがす」やAndroidの「Androidデバイスマネージャー」を使えば簡単に位置情報がつかめる時代です。

Googleの順位が安定しない

最近ずっと、「ネイルサロン ホームページ制作」で一位をキープしていたbeauty-lady.netですが、ここ2週間くらい、1位から80位代まで落ちたりと安定しない。

 WELQに始まる、日本語のWebサイトの表示内容改善の影響があるんだと思う。
 そうはいっても、上記サイトは何も変なことはしていない。

 普通に構築したサイトである。

 ただ、色々と商売がかかっている人も多くいるだろうから、まともな運営をやっているところに対して、恩恵があるようにして欲しい。

 でもって、今回のWELQみたいな、変な操作で順位を上げようとするサイトに関してはAdsenseのアカウント毎問題にする方が良いのではないかと思う。

 収益を目指して、パクリをするようなサイトの息の根を止めるのは検索結果の順位よりもAdsenseだと思う次第。

Sierraにした時のJellyfySSH設定

イメージ
Macを一台だけSierraにしてみた。

 Sierraにするだけで、SSHがつながらないという事態発生。

 最初に繋いだサーバーがたまたま入れ替えたばかりのサーバーだったので、IPの問題か?ということで、known_hostsをいじったものの治らず。

 直接、ターミナルからサーバーに対してSSH接続した際は、問題なく接続可能。

 ということで、問題はJellyfySSHにあると推測。

 でもって、初期設定の暗号化方式の問題。


 JellyfySSHは3desが初期設定だけど、この暗号化方式ではつながらないことが判明。

 多分、どれに設定しても問題ないと思われる中、「archfour256」を利用するようにしてみた。

 めんどくさい・・・・

デザイン系界隈でのAdobe信仰は衰退して欲しい

イメージ
デザイン系界隈でとにかくAdobeが圧倒的なシェアを持って君臨している。独占禁止法違反って感じるくらい。

 PhotoshopとIllustratorのこの2つのソフトウェア。何とかならんのかな?と感じる。

 Creative Cloudで法人向けのプラン価格みてびっくりする。
月に6980円。
 少なくとも、弊社利用のレベルとして、この価格は払えない。インストール台数が複数OKであれば、多少の話は違ってくるんだけど、インストール台数に関しても1台のみ。

 一方で、MicrosoftのOffice365は多様なパターンを用意してくれている上に、価格も安い。ビジネス界隈でのMicrosoft Office信仰も根強いけど、これだけのバリエーションを用意してくれている上に、1310円で少なくともフルにソフトウェアは利用できる。


 6980÷1310=約5.33

 価格差が5倍以上。E3と比較しても3倍以上の価格差。

 もう少し、なんとかならないものか。。。。