reCAPTCHA v3をWordpressサイトに導入

イメージ
reCAPTCHA v3とは
reCAPTCHAは不正なアクセスをするbotプログラムなどからサイトを防御するために利用されている仕掛けです。
v2などでは、この機能を利用して、画像認識に役立てていました。

v3になって、人間の反応など不要で、AIを利用してサイトの悪用を防止するシステムに変わりました。
PCで閲覧した場合、右下に下のような画像が表示されるようになりました。


しかも、v2まではフォームやログイン画面などへのアクセスだけに設置して防いでいたのですが、全てのページに対して設置できるようです。

reCAPTCHA v3をWordpressのサイトに導入 今回、Wordpressのプラグインを利用して、reCAPTCHA v3をWordpressサイトに導入しました。
手順は超簡単 まず、下記のページからサイトを登録して、キーを取得します。 https://www.google.com/recaptcha/admin/create
適当にラベルを入力して、v3を選択。
ドメインを入力して、利用条件に同意した後に送信ボタンでキーは取得できます。

Wordpressのプラグインは https://ja.wordpress.org/plugins/advanced-nocaptcha-recaptcha/
これを利用しました。

導入して、v3を選んで、上で取得したキーを入力するだけです。

どこで検証するか?という部分に関しては
こんな感じでチェックを入れました。

他はデフォルトのままです。

簡単でした。

導入後は管理画面で状況閲覧が可能です。
問題点 tokenを発行して処理されているんですが、5分程度の時間しか無いようです。 ということは、入力に時間がかかる場合はtimeoutの危険が増します。
管理画面上で、有効時間を延ばす術は無い模様。

USB Type-Cケーブルを考える

USB Type-Cケーブルを考える


USB Type-Cケーブルってのが、最近のUSBケーブルの主流になってきました。
最新のiPad Proも従来のライトニングケーブルから、Type-Cのケーブルに変わりました。

近い将来、iPhoneにもType-Cのケーブルに変わっていくかと思われます。

ただ、このType-C規格のケーブルは安物買いするとダメな場合があります。

乱立する規格

転送速度


  1. USB2
  2. USB3 Gen1
  3. USB3 Gen2

まず、単純にデータの転送速度だけでもこの3パターン。
1は480Mbps、2は5Gbps(1の約10倍)、3は10Gbps(1の約20倍)と大きな速度差があります。
ただ、USBケーブルを利用して、データ転送する頻度は実際は余りないかと思われますが、スマホからパソコンに写真や動画を移動する時の速度は大きく変わります。
SuperSpeed+ USB」という認証規格に合格した商品であれば10Gbpsの速度が保証されています。

充電

さらに、充電非対応のケーブルも存在します。でもって、充電対応のケーブルにしても3Aのケーブルと5Aのケーブルが存在する始末。
当然ながら、5Aのケーブルの方が急速充電時にはいい能力を発揮します。
但し、スマホで利用の場合、スマホ側が3Aまでとかのスマホも多数有りますので、そこはご自身が所有するスマホの能力次第。

あ、片方がType-Aの太い従来の規格の場合は大体が充電は可能です。
ここでは、両方がType-Cの場合を指しています。

映像

一部のType-Cケーブルは映像伝送も可能になってます。ただ、まだ、受信機側がType-Cで受けられるものも少なく、実際はHDMIへの変換を行う形。
スマホからケーブル接続で映像を映す機会はそんなにないと思われますので、ここまで配慮しなくてもいいかもです。
ただ、Macを利用している方は、Macのポートから流す場合を想定して、準備しておくと良いでしょう。



Amazonのタイムセールなどで安い商品に飛びついて、失敗しないようにしましょう。

コメント

このブログの人気の投稿

UTM(統合脅威管理)って邪魔で不要

AWSのS3をLinuxでマウントして、更にWindowsで利用

巡回頻度を上げるぞ