ロシア訪問

イメージ
モスクワに行ってきました
 10月10日から14日までの3泊5日でモスクワに行ってきました。

 20年ぶりくらいの海外旅行。

旅程 初日 日本を午前10時頃に出発。エアロフロートで。現地時間で16時過ぎに空港着。
ちなみに日本とロシアの時差は6時間。飛行機に乗っている時間は約10時間です。
機内食はイマイチ。機内食を考えると、次回、行くことがあるならJALにしようと思う。

出口にて日本語のできるロシア人女性により、お迎えを受け、車でホテルへ。
道路混雑が激しく、ホテルに着いたのは19時前頃。
お迎えの女性によると、現在のモスクワはヨーロッパで一番交通混雑が激しい都市であるとのこと。

当日は雨も降っていて、軽く徒歩で外出してすぐにホテルに戻り就寝。

2日目 元々、お願いしていた現地コーディネータの方(片言の日本語が話せるロシア人)と車でお出かけ。仕事関係なので、内容は・・・・🆖
お昼に食べたうどんが・・・・激まず。 15時頃にホテルに戻り、また、お出かけ。
GoogleMapsを頼りに地下鉄にトライ。 地下鉄は地中深く、エスカレータが長くてかなり急な作り。 アルファベット表記もあるんで、それを頼りにガイドも無しで乗ってみました。
結構、簡単でした。GoogleMapsは乗るべき車両の位置、何駅目かの駅数、そして駅名を日本語名でも表記してくれて、問題なく動くことができました。

目的のお土産やさんでチョコレートの大量買いと、ホテルで飲むためのビールを購入。他にも少しだけケーキを購入しました。
ケーキは、、、、ちょっと日本の味とは違う感じ。
3日目 3日目は今回の旅行のお目当ての一つである「猫劇場」へ。 ひとまず、午前中はまた地下鉄に乗って、「赤の広場」へ。

それから、グム百貨店でランチ。 14時半にホテルに戻り、コーディネータの女性(アンナさん)と合流。 猫劇場の前に「アルバツカヤ」というモスクワの観光者向けの通りでお買い物。
猫も芸を仕込めると言うことに感動を覚えました。 ただ、猫劇場は小さな子どもがたくさん来てた。子ども向けの演劇です。
ロシア人の子どもの正義感が強く見られる演劇をやっていました。 多分、同じ演劇をしても、日本とは反応が違うような気がします。 4日目 最終日です。 最終日は日本で購入したSIMカードの通信量がオーバーしてしまい、外ではスマホが使え…

Dominoサーバー on Linux (CentOS7でDominoサーバーを動かす)

 今回、無事にDominoサーバーをCentOS7上で動かしつつ、一週間以上が経過しても問題なく動いているので、その報告とポイントだけ。

社内設置のWindowsサーバーを無くす

社内サーバー故障〜サーバールーム設置

目的は社内で動かすWindowsサーバーを無くすと言うこと。社内サーバーを設置することで、サーバールームを弊社は設置しております。

 今の事務所に引っ越す前は、事務所スペース内に3台のサーバーを設置して運用しておりました。
 ところが、ある日、会社に来て2台のサーバーが停止。原因は熱暴走。7月の頭頃だった記憶があります。
 しかも、1台は完全に故障。泣きそうになりながら、サーバーを調達。。。確か40万円くらいはかかった記憶があります。
 それから、夏場は常時エアコン。空調代が・・・・

 その反省から現事務所では2畳ほどのサーバールームを設置して、そこ専用のエアコンも設置。狭い部屋を準備することで空調費を抑えるという作戦でした。
 期待通りに空調代の削減はされました。ただ、前の事務所よりも事務所スペースが広がったにもかかわらず同程度という結果ですが。

時代は社外設置

回線の高速化により、社内にサーバーをするよりも社外にサーバーを設置する流れとなってきていると弊社は考えております。
 各種クラウドサービスの利用というのも社外サーバーの利用と言えるかもしれません。

 そんな中、弊社が出退勤簿などにも利用しているDominoサーバーをどうするかが課題でした。
 Windows2008Server上で動いているDominoサーバーを動かすために社外にWindowsサーバーを設置すれば、大体安いところでも月額3000円程度の費用が別途発生します。

 ですので、サポート対象外になるのでしょうが、元々サポートなんてまともに受けたことのないと考えて、CentOS上でサーバーを動かす決意。

CentOS7

慣れているCentOS6は2020年にはサポート終了。と言うことで、7に挑戦。どうせサポート外(笑)

基本の流れ

インストール〜移行の基本の流れとしては、

  1. ネットワークポート周りの設定
  2. Dominoのパッケージのダウンロード
  3. 必要パッケージのインストール
  4. Dominoのインストール
    この時、私はRemotoインストールを選択
  5. Windows側で「Remote Server Setup」を利用して初期設定
  6. 移行のための各種設定
こんな感じで設定を実施しました。

 詳細に関しても後日、まとめようかと思ってます。





コメント

このブログの人気の投稿

UTM(統合脅威管理)って邪魔で不要

AWSのS3をLinuxでマウントして、更にWindowsで利用

宅ファイル便の情報漏洩は人ごとと考えずに