Dropbox API を利用してPHPでVPSサーバーのバックアップ手順

イメージ
VPSのバックアップをどこにとるか?
 VPSサーバーには提供者側からバックアップの仕掛けが用意されていません。そう考えると、バックアップをどこかに取得する必要があります。
 以前は、違うブランドのVPSサーバーを借りて、そことrsyncさせる方法をとっていました。

 ただ、この方法だと弊社のサーバー管理方法では、一括バックアップを取得しようとするとrootアカウントでやり取りすることになってしまい、気持ち悪さを感じていました。

 今回、このブログで初めてコード埋込を実施しました。下記URLを参考にコード埋込をできるようにしました。
https://qiita.com/piro_erdes/items/f133e170a8cf6c10b449

Dropbox API 活用  Dropbox APIを利用することでVPSサーバー内のプログラムを使って、Dropboxへ転送してます。
 弊社の場合、Dropbox Business Advancedを利用していますので、容量無制限でアップで利用できます。
 Dropboxを利用することで、世代管理も自動でやってくれます。  また、APIコール数も月間で100万まで大丈夫のようです。 CURLを活用  基本はCURLの機能で実現していますので、タイトルにPHPと入れていますが、基本的には特別なSDKなどは不要で、応用すれば他の言語でも可能だと思います。
Dropbox APIのAPP作成 手順1 まず、Dropbox APIを利用するためには https://www.dropbox.com/developers/ へアクセスして、右上にある「App console」ボタンを押します。 ログインしてない場合はログインを促されます。 手順2 Create app のボタンを押します。 すると、下記の様な画面が出てきます。 Businessアカウントなので、右にDropbox Business APIの選択肢も出てきますが、Business APIは「管理機能」での利用なので、今回は左側の普通のDropbox APIを選択します。 手順3 続いて、下記の選択をしますが、今回はバックアップというかuploadの機能だけですので、App folderだけで大丈夫と思います。 手順4 Name your appに名前を入れます。 なん…

Googleフォトの設定をしてみました

 Googleフォトの設定をしてみました。
 Google様が「容量無制限」で高画質保存のGoogleフォトを発表したのに合わせて、設定をしました。

 設定をしない場合は、容量制限を受けますので、設定必須です。
 Googleフォトにアクセスしてから、設定で「高画質」ってのを選択する必要があります。
 それまでは、撮影サイズで確実に保存されていましたが、今度からはサイズによっては圧縮されることになります。

ちなみに、私はスマホで撮影した写真をOneDriveとこのGoogleフォトにバックアップしております。
 OneDriveの方にもたくさんの写真が保管されています。

 以前はDropboxにも保存していましたが、容量の問題でやめてしまいました。

 OneDriveは基本15GBの無料プランに加えて、「カメラロールボーナス」で15Gの容量がもらえます。あと、今は有効期限付きですが、Bingボーナスで100GBもあって、合計で130GBもの容量があります。
 今、使用料が10GBほど利用しています。

 まだまだ、こっちも大丈夫ですね。

コメント

このブログの人気の投稿

UTM(統合脅威管理)って邪魔で不要

巡回頻度を上げるぞ

富山大学感染予防医学講座