Dropbox API を利用してPHPでVPSサーバーのバックアップ手順

イメージ
VPSのバックアップをどこにとるか?
 VPSサーバーには提供者側からバックアップの仕掛けが用意されていません。そう考えると、バックアップをどこかに取得する必要があります。
 以前は、違うブランドのVPSサーバーを借りて、そことrsyncさせる方法をとっていました。

 ただ、この方法だと弊社のサーバー管理方法では、一括バックアップを取得しようとするとrootアカウントでやり取りすることになってしまい、気持ち悪さを感じていました。

 今回、このブログで初めてコード埋込を実施しました。下記URLを参考にコード埋込をできるようにしました。
https://qiita.com/piro_erdes/items/f133e170a8cf6c10b449

Dropbox API 活用  Dropbox APIを利用することでVPSサーバー内のプログラムを使って、Dropboxへ転送してます。
 弊社の場合、Dropbox Business Advancedを利用していますので、容量無制限でアップで利用できます。
 Dropboxを利用することで、世代管理も自動でやってくれます。  また、APIコール数も月間で100万まで大丈夫のようです。 CURLを活用  基本はCURLの機能で実現していますので、タイトルにPHPと入れていますが、基本的には特別なSDKなどは不要で、応用すれば他の言語でも可能だと思います。
Dropbox APIのAPP作成 手順1 まず、Dropbox APIを利用するためには https://www.dropbox.com/developers/ へアクセスして、右上にある「App console」ボタンを押します。 ログインしてない場合はログインを促されます。 手順2 Create app のボタンを押します。 すると、下記の様な画面が出てきます。 Businessアカウントなので、右にDropbox Business APIの選択肢も出てきますが、Business APIは「管理機能」での利用なので、今回は左側の普通のDropbox APIを選択します。 手順3 続いて、下記の選択をしますが、今回はバックアップというかuploadの機能だけですので、App folderだけで大丈夫と思います。 手順4 Name your appに名前を入れます。 なん…

次のWindowsはなぜか10

 朝からびっくりするニュースで幕開け。

 なぜか次期Windowsの呼称が「Windows10」となる模様。9をふっ飛ばして、10にする真意は如何に?
 XPとかVistaとかに比較して、「7」という呼び方に私はすごく共感を覚えた口です。7が発表された時に、「とうとう7までバージョンが上がったんだな」と思いました。

 それが、今度は10ってのは何か嫌な感じ。

 1は見たこともない。2は見たことある。3はインストールして、遊びで使った感じ。すぐに3.1が出て、ここからやっとWindows用のソフトが日本で出てきた感じ。3まではMS-DOSのタスク切り替えとファイル管理ができるソフトウェアの様な感じ。
 なお、この3.1まではMS-DOS上での動作。

 次のWindows95がバージョン4。ここから、Windowsだけで動くものの、中身はまだ結構なMS-DOS。Windows98(バージョン5?)が出た頃にやっとWindowsなソフトウェアが世の中の中心になってきました。
 そこから、個人向けはWindowsMe、業務向け(?)はWindows2000と分化。この2000が現在に引き継がれるバージョン5になるんでしょうか?

 でもって、名OSであるXPが誕生します。多分、これがバージョン6。
 その後、WindowsMeのように不評なVistaが登場してから、Windows7が誕生。

 こう見ると、3.1以降Vista以外のOSは全てメイン機として利用してきました。XPや7が登場した際には速攻で導入した記憶もあります。

 現在、私はWindows8.1のマシンをデスクトップ機として活用しつつも、メインで使うマシンはMacintoshへと移り変わりつつあります。

 ChromeOSとかも出てきて、2015年以降もWindowsは主流OSとして活用され続けるのか?未来予測は楽しいものです。

コメント

このブログの人気の投稿

UTM(統合脅威管理)って邪魔で不要

巡回頻度を上げるぞ

富山大学感染予防医学講座