GPS捜査は強制捜査


 最高裁判所でGPSを利用した捜査を令状とらずにやるのは違法との判断が出ました。

 令状とっても、相手の許諾無しに勝手にやるのも違法。
 結局、現在の法律では絶対に違法だから、新しく法律作りましょうって言うことらしいです。

 ここで、気になったことが。

 Android携帯を利用していると、自分のGoogleアカウントを通して、GoogleMapsに勝手に履歴が残って行ってます。
 何時何分にどこどこにいて、何分まで滞在して、移動したなどの情報が結構克明に残っています。

 この情報を利用すれば、ブラック企業に勤める社員はどれだけ会社に滞在していたかを簡単に証明できます。残業代請求には絶大なパワーを持った証拠と言えるかもしれません。

 一方で、新しく作られる法律でこの証拠を警察が開示できるようになると、それはプライバシー丸裸!すごい個人情報を警察は握れます。

 GPS捜査は将来はGoogleに限らず、キャリア側で持っている情報でも位置情報が確認できる時代はすぐに来る可能性があります。

 なので、現時点で違法、今後できる新しい法律に関しても、結構な注意を払って成立を見守る必要があると感じています。



 iPhoneの「iPhoneをさがす」やAndroidの「Androidデバイスマネージャー」を使えば簡単に位置情報がつかめる時代です。

コメント

このブログの人気の投稿

AWSのS3をLinuxでマウントして、更にWindowsで利用

巡回頻度を上げるぞ

プログラミングには不向きな人がいる