投稿

7月, 2015の投稿を表示しています

経営理念を考える

イメージ
 中小企業家同友会に入会して一年と少しが経過しました。
 福岡県中小企業家同友会福友支部に加入して、色々と勉強させてもらっています。

 写真は先週金曜日に行われたブロック例会の会場より撮影しました。

 私の中での経営理念として、「サポートをするお仕事が好き」という部分は徹底されています。
 ITの世界でよく言われるWebサービス系のお仕事よりも、あくまでフェイスツーフェイスでお客様に向き合った形で、サポートをするお仕事が好きなんです。
 開業してすでに10年以上が経過していますが、これをうまく、経営理念としてまだまだ落とし込めてないなと、最近は感じているところ。

 8月の終わりに行われる経営指針セミナーへの申込も行い、これから更に自社の経営について考えていこうと思う次第。

Amazonが珍しくセールの告知

イメージ
 Amazonが珍しく、セールの告知中。
prime dayとして、プライム会員のみに対してセールを実施するとのこと。

 プライム会員になるには「年会費」も必要。
 プライム会員を増強するために、セールとは考えたもんだ。

 一昔前までは、Amazonで購入するのは避けてるフシがありました。
 Amazonより購入しても、税金として日本国内に還流されないからです。

 最近は、楽天と両刀使い。楽天商法も気に食わない部分が多々ありますが、、、

viewportの設定を学ぶ

イメージ
 基本、レスポンシブデザインで制作する時は、viewport設定はシンプルな設定で大丈夫。
 Google Developersによると、推奨される設定方法は

<meta name=viewport content="width=device-width, initial-scale=1"> これで、端末幅に応じて設定される。

 弊社でレスポンシブデザインで制作した「タカハラ整形外科クリニック」。

 問題はPCサイトとスマホサイトを作り分ける際の設定。
 最近はウェブマスターツールで「viewportが設定されていません」と怒られるので、viewportを設定したほうが良いみたい。
 ただし、大手のいくつかのサイトを見て回ったけども、パソコンサイトの場合はviewportの設定がされていないところが多かった。

 スマホサイトの場合、先に書いた設定で問題なく動作するように作るほうがいい。
 スマホの場合、縦・横で見た時の横幅のサイズが変わるから、柔軟に動く形が望ましい。
 PC向けの場合、そこにはiPadなどのタブレット型の端末で見た際にも正常表示されるのが望ましい訳で、下記のような記述がいいのではないかと考えてる。

<meta name=viewport content="width=1000, initial-scale=1">
 赤字にした部分を臨機応変に変更したらいいのでは?というのが昨日の結論。