Googleのペナルティを受けたという人のお話

 Twitterで怖い話(?)が回ってきました。

 ウェブマスターツールに登録されているサイトすべてがGoogleにより、ペナルティを受けたというお話。
http://togetter.com/li/716702

 怖いと書きましたが、個人的には「ええ話」です。

 Googleにとって、「検索精度を悪化させる」=「悪い事してる」なわけです。
 「悪い事をした人」を特定させるための手法がウェブマスターツールやAnalytics等の紐付き情報を参考にして、特定するという手段はいいと思います。

 SEO対策はやはり王道で勝負するべきだし、今回の情報によると「手動」でペナルティを課しているっぽい話。
 機械の目を欺く行為を人間が判断して、怪しいサイトにペナルティを課したということはこれからもドンドン同様の事例が増えていけば、検索精度は高くなっていく(はず)。

 ついでにパクリ系のバイラルメディアも制裁を加えてくれないものかな?

コメント

このブログの人気の投稿

AWSのS3をLinuxでマウントして、更にWindowsで利用

ネットショップをやるのにWeb制作以外に必要なこと

InvoicePlaneの利用