医療ミスへの対応

 完璧な人なんていないし、医者だってミスをする。
 ただ、ミスをしたのを隠蔽しようとすると、そこに、患者さんやそのご家族との不信感が生まれる。丁寧な説明や、ミスをミスと認めた上での誠意ある対応が大切。

 ただ、一度生まれた不信感を払拭するのは簡単ではない。
 そんな時は、セカンドオピニオンを他の医師に聞いたり、弁護士への相談など色々な方法があるのが現代社会。

 医療ミス・医療過誤の相談を弁護士に気楽にお願いできる時代なのです。

 専門家の意見を取り入れて、調査してもらうことで納得できるのであれば、それはそれで良いことなのではないでしょうか?

コメント

このブログの人気の投稿

AWSのS3をLinuxでマウントして、更にWindowsで利用

巡回頻度を上げるぞ

プログラミングには不向きな人がいる